小石至誠の四十九日、そして雪の中で

  1. Family

2週間ぶりの東川ではどっさり雪が降り、白銀の世界になりました。


ここにいた5日間。私はずっと雪を見ていたような気がします。


ライトアップされた樹を背景に舞う夜の雪はことさら美しく、深夜、音楽をかけて、ただただ雪を眺めていました。そのまま眠ってしまうこともありました。


ここにいれば、雪を見ていれば、悲しくも寂しくもありません。至誠はいつも共に私の傍にいると感じることができるのです。


12月13日は小石至誠の四十九日でした。

前日の12日に、岐阜県関市武芸川町の実家のお寺で、法要をして頂きました。


もうそんなに経つのだな、という気持ち。


10月26日のことは、つい先日のように思えるのに。


12日、午前中に岐阜駅に着き、迎えに来てくれたおねえさん達と施設のおとうさんを訪ねました。


99歳、耳が少し遠いだけで、手紙も書き、自分で歩くこともできるおとうさん。おとうさんもおねえさん達も、とても温かい言葉で私を包んでくれました。


それまで涙ぐむことはあっても、号泣することはできなかったのに、おとうさんとおねえさん達の言葉に、一気に涙が溢れて止まりませんでした。


その夜。実家に甥や姪、その子供達も含めて家族が揃い、長いテーブルを囲みました。小さな子供達のかしましさは、微笑ましく、悲しみを感じる隙間もありません。


私には、新しい故郷ができたのだな、と思いました。東川と武芸川と。


365日、来たくなったらいつでもおいで、とおねえさんがLINEをくれました。


四十九日を過ぎて、本来ならご挨拶や手続きなどを進めなくてはいけないのですが、私はまだ、違う場所にいる気がします。


仕事はしているし、それに支障はないけれど、、、。手続きやご挨拶は、至誠の不在を確認すること。
至誠が存在していないという事実に、私はまだ、向き合うことができません。


今は皆さんのお気持ちに甘えて、もう少し、東京と行ったり来たりしながら、東川で雪を眺めて過ごしたいと思います。

iPhoneから送信

関連記事

「西洋医学的には・・・」

家人のことは、SNSもブログも1週間以上、アップしていませんでした。心にかけてくださっている皆様にお伝えしようと思っても気が進みませんでした。先週から、家人は帯…

  • 2910 view

切なくて大切な時間ーー病院の待合室で

朝、4時15分。枕の下に入れた携帯が鳴りました。病院からでした。「少し脈拍が弱くなったのでお知らせします。もう一段、脈拍が下がったら、ご連絡しますので病院にいらしてくだ…

  • 11438 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。