悲しみは愛しさーーカワギシ ヒロさんの「母の願い」

  1. Family
カワギシ ヒロさんの自作曲。「母の願い」。


不意に涙があふれました。


そのコラという楽器の音があまりにも深く沁みてきたからです。この5年間に逝った父のことを思い、母のことを思い、至誠のことを思いました。

日常の時間の中で、何とかやり過ごそうとしていたことが、1つの曲で鮮やかに浮かび上がってくるーー。


それはまさにそんな瞬間でした。
「母の願い」と題された曲。https://m.youtube.com/watch?v=Do9GqAZgNIk


友人のカワギシ ヒロさんとは、もう何年もお会いしていませんが、Facebookでつながっていて、静かな場所にご自分の手でアトリエを作られたことも知っていました。この動画はそのアトリエで撮られたものでしょう。ご自身の作曲とご自身の演奏による「母の願い」。

以前にも直接の演奏を、何度も聞かせていただきました。


初めて聞いたのは、ジョン レノンのイマジンでした。それまで私が知っていたイマジンとは全く違った、カワギシさんのイマジン。それは、心の底から揺さぶられるような音でした。


コラという楽器の音に触れたのも、その時が初めてでした。ギターのような、ハープのようなプリミティブなその楽器を、カワギシさんは慈しむように弾きました。


悲しむことは、その人を思い出すことなのだと思います。


時薬が辛さを癒してくれるかもしれないけれど、私はそれを本当に望んでいるのだろうか。


多くの人が悲しみを抱え、喪失感を抱え、それでも日々の暮らしの中で生きている。
その人生の中で、悲しみは愛しさ、でもあるのだと思います。


まだ若かった頃、私は愛する人に、自分より先に死なないでほしいと願いました。そんなことには耐えられない、と。


けれど今、私は至誠にこんな辛い思いをさせずに済んでよかったと心から思います。それは、この辛さの中での唯一の救いです。


カワギシさんの「母の願い」を、今、悲しみと共にあるたくさんの方にお届けしたいと思います。

iPhoneから送信

関連記事

介護と仕事のはざまで

命の灯火が消えようとしています。少しずつ少しずつ。深夜、0時過ぎに札幌からタクシーで、定山渓の病院に着きました。一週間ぶりに会った父は、一回り小さくなってい…

  • 2886 view

いつか、この冬を愛しむだろう

東川は毎朝のように、こまかな雪が積もりますが、溶けていく雪の方が遥かに多く、雪どけの季節を迎えています。美しかった冬。今度来た時には、この白い景色は見られないだ…

  • 1185 view

ロケ弁と朝焼け

おはよう、新しい1日。何度も何度も夜中に目が覚め、気づくと窓の外がオレンジ色に染まっていました。早朝ロケや朝一番の飛行機で札幌に介護に通っていたの頃には、よく目…

  • 2747 view

家に帰りたいーー訪問点滴という選択

今日の午後、家人は退院しました。入院から3日目。肺炎は完治には至っておらず、本来ならば、1週間から10日の入院が必要です。けれど、家人は3日が限度、と。家に帰り…

  • 2021 view

「良いこと」を数える

ここ1週間、家人の様子をFacebookにあげていなかったので、心配してメッセージをくださった方が何人もいらっしゃいました。気にかけて頂いて、本当にありがとうございます…

  • 2004 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kozybox/yuka-shimoda.jp/public_html/wp/wp-content/themes/one_tcd061/comments.php on line 148