「病室のギャラリー」65枚のポストカード

  1. Family


家人に1日1枚、ポストカードを送り始めたのは、8月に再入院してからでした。


急性白血病で、去年の10月から10ヶ月入院して、やっと退院したと思ったら、1ヶ月で再発。再入院の重さを、少しでも和らげたくて始めたポストカード。もう60枚以上、投函しました。


展覧会に行くたびに買い溜めたポストカードが、箱にぎっしりありました。写真、古典絵画、印象派、フェルメール、ウィリアム・モリス、有元利夫、、、、。その中から、1週間分の7枚を選び、本の形の箱に入れておきます。


夜、寝る前にそこから1枚選び、それに合う切手を選んで貼り、手紙を書くのです。
ほんの短い文章だけれど、1日、2日後に届くカードは、FaceTimeやメッセージとはまた違ったものとして、家人に響いているようです。


10月5日に別の病院に3度目の入院をして、1ヶ月が経ちました。28日間連続投与のビーリンサイトも、あと3日で終わります。


臍帯血を取り寄せました、と医師。家人は12月の上旬には、臍帯血移植を受ける予定です。


ある日思いついて、簡単でかさばらないポストカードスタンドを作ることにしました。名刺大の紙を三角形に折って、切り目を入れ、止めるだけ。不要になれば、すぐに捨てられるから邪魔になりません。


そのスタンドを使って、家人は届いたポストカードを窓際に並べていました。看護師さんが「ギャラリーみたいですね」と。


そう、病室の小さなギャラリー。


どんな時にも楽しみはあり、どんな所でも設えはできるーー。


ポストカードに言葉をのせて、今日もその1枚を投函しに行きます。



関連記事

東川2M houseのトリセツ

1月から2月の雪の季節は、ゲストの予定が多いので、改めて「東川2Mhouse」のトリセツ(取扱説明書)を作ってみました。いらっしゃる方には、前もってこれをお送りしておき…

  • 1709 view

面倒なことを乗り切る秘訣

今まで、自分で確定申告をしたことがありません。家人がフリーランスなので、税理士さんにお願いしていて、私のわずかばかりの確定申告も一緒にやっていただいていました。物理的な…

  • 1346 view

100歳の義父の最後の手紙

義父は私のただ1人の文通相手でした。至誠が逝ってから、毎月26日の月命日にはおとうさんに手紙を書きました。至誠のことを分かち合い、私の思いを素直に書けるのは、義父しかい…

  • 1117 view

意志の力、家の力ーーリハビリの日々

家人が退院して3日が経ちました。帰宅した当初は、一人で立ち上がることもままならず、立つこと、歩くことができない状態でした。急遽、介護保険を申請し、最小限の仮設の…

  • 1961 view

心からいたいと願う場所

飛行機が旭川空港に降りて、大きな空と緑の山並みを見たときの感動は、今も変わらない。何度、東京と旭川を行き来しても、ここに戻るたびに新しく心を揺さぶられる。そして深く深く…

  • 1011 view

小石至誠の四十九日、そして雪の中で

2週間ぶりの東川ではどっさり雪が降り、白銀の世界になりました。ここにいた5日間。私はずっと雪を見ていたような気がします。ライトアップされ…

  • 1880 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kozybox/yuka-shimoda.jp/public_html/wp/wp-content/themes/one_tcd061/comments.php on line 148