「一歩、前進の日」ーー三度目の入院

  1. Family

今日、10月5日、家人は今までとは別の病院に入院しました。


朝10時。病院まで送って行き、病棟の入り口で、お見送りの方はここまでです、と看護師さんに言われ、トランクを押して入っていく家人を見送りました。


今回の入院は、9月23日にこの病院を初診で受診したときからわかっていたこと。ですから、この2週間は私たちにとってバカンスだと思って過ごしてきました。


その間、通院もあり、また、まだまだ感染症に要注意の状態なので、旅行するなどということはなから無理でしたが、自宅で過ごす当たり前の時間が私たちにはいちばん大切でした。

当たり前の朝ごはん、当たり前の買い物、当たり前の散歩。


テレビ電話は使えるとはいえ、向き合って朝ごはんを食べることもまたしばらくないのだな、と思うとちょっと寂しくなります。


けれど、今朝の朝食のときの家人の一言が私を支えてくれました。


「今日は一歩前進の日だね」。


10ヵ月にわたる抗がん剤の治療を経て、1ヵ月で再発。後でわかったことですが、急性白血病の場合、70%の人は抗がん剤だけでは完治せず、再発するのだそうです。


その後、ビーリンサイトという抗体療法での28日間を経て、現在は寛解状態(顕微鏡で見て骨髄の中に白血病細胞が見当たらない状態)。ですが、このままでは完治には至りません。これからは、移植を見据えての治療に入っていきます。病院を変わったのは、移植に対応できる病院に移る必要があったからです。


先日NHKの番組で、「血液のガン」についての特集があり、そこではとてもわかりやすく描かれていました。


白血病の場合の造血幹細胞移植とは、手術を必要とせず、点滴によって行います。肉親や骨髄バンクから提供される骨髄移植と、赤ちゃんの臍帯血を使う臍帯血移植があります。移植ができるかどうかは、これからの検査と診療次第です。

移植したとしても、完治までには副作用も含め、ハードルは多々あります。


それでも、家人が言うように、今日は一歩前進の日。

そう捉えて、これからも丁寧に日々を重ねていきたいと思います。

病院に向かう車の中で。

関連記事

かけがえのない家族ーー母の命日に

1月24日は、母の命日でした。冷たい雨の降る東京で、私はひとり、朝からキャンドルをつけ、1日中その灯を切らさずに静かに過ごしました。キャンドルの灯りが目…

  • 994 view

延命治療はしない

2019年8月28日、父は痰が絡んでひどく咳き込み、苦しんでいました。間質性肺炎が悪化し、肺に痰がたまっていきます。看護師さんが「痰を取っていいですか?…

  • 2074 view

至誠の幸せな子供時代

以前から病院にお願いしていたのですが、昨日、至誠の姉が上京し、やっと至誠と面会することができました。せっかくお姉さんが来てくれたのに、至誠はやはり「眠り王子」。…

  • 2065 view

至誠と共にーー1分でも長く、笑顔でいよう

朝6時。病院からの電話で目覚めました。すぐにタクシーで病院へ。不整脈が多く、血圧も測定不能なほど下がったとのことでしたが、私が着いた時には、少し落ち着いていまし…

  • 4279 view

「いつも何度でも」ーー父を想う

去年の今日、9月1日は、父の野辺送りの日でした。多くの方にとって、親の死は初めての経験だと思います。私もそうでした。母の時は父がいた。でも父の時は、私が…

  • 1207 view

「明日も来るからね」

最近、あまり長く眠れなくなりました。寝ても2時間起きくらいに目覚め、目覚ましが鳴る前に起きてしまいます。今日のようなどんよりとした朝は、とても苦手。家にいると鬱…

  • 1818 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。