「一歩、前進の日」ーー三度目の入院

  1. Family

今日、10月5日、家人は今までとは別の病院に入院しました。


朝10時。病院まで送って行き、病棟の入り口で、お見送りの方はここまでです、と看護師さんに言われ、トランクを押して入っていく家人を見送りました。


今回の入院は、9月23日にこの病院を初診で受診したときからわかっていたこと。ですから、この2週間は私たちにとってバカンスだと思って過ごしてきました。


その間、通院もあり、また、まだまだ感染症に要注意の状態なので、旅行するなどということはなから無理でしたが、自宅で過ごす当たり前の時間が私たちにはいちばん大切でした。

当たり前の朝ごはん、当たり前の買い物、当たり前の散歩。


テレビ電話は使えるとはいえ、向き合って朝ごはんを食べることもまたしばらくないのだな、と思うとちょっと寂しくなります。


けれど、今朝の朝食のときの家人の一言が私を支えてくれました。


「今日は一歩前進の日だね」。


10ヵ月にわたる抗がん剤の治療を経て、1ヵ月で再発。後でわかったことですが、急性白血病の場合、70%の人は抗がん剤だけでは完治せず、再発するのだそうです。


その後、ビーリンサイトという抗体療法での28日間を経て、現在は寛解状態(顕微鏡で見て骨髄の中に白血病細胞が見当たらない状態)。ですが、このままでは完治には至りません。これからは、移植を見据えての治療に入っていきます。病院を変わったのは、移植に対応できる病院に移る必要があったからです。


先日NHKの番組で、「血液のガン」についての特集があり、そこではとてもわかりやすく描かれていました。


白血病の場合の造血幹細胞移植とは、手術を必要とせず、点滴によって行います。肉親や骨髄バンクから提供される骨髄移植と、赤ちゃんの臍帯血を使う臍帯血移植があります。移植ができるかどうかは、これからの検査と診療次第です。

移植したとしても、完治までには副作用も含め、ハードルは多々あります。


それでも、家人が言うように、今日は一歩前進の日。

そう捉えて、これからも丁寧に日々を重ねていきたいと思います。

病院に向かう車の中で。

関連記事

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 2015 view

父がくれた夏休み

父が急に食事を取らなくなったーーと病院から連絡があり、札幌の郊外、定山渓病院へ。8月の初めに、療養型の病院に転院したばかり。着いたのが深夜だったので、そ…

  • 802 view

父が教えてくれた「命の尊厳」

延命治療はしたくない、というのは、母が存命だった時から、家族で共有していたことでした。102歳で亡くなった母方の祖母は胃ろうでした。ほとんど意識がなく、意思の疎…

  • 1073 view

再入院

8月20日、家人が再入院しました。東川から戻った翌日。以前から予定していた14日の通院の際、血液検査と骨髄検査で、急性白血病再発が判明。完全寛解で退院し…

  • 1431 view

決意ーー入院10日目

家人が、急性白血病で入院してから一年が経ちました。昨年の10月11日。血液検査をして緊急ではないからと帰宅した翌日、急に病院からの電話で呼ばれ、そのまま入院にな…

  • 717 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 1280 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。