時を刻む「針仕事」ーー病室のポシェット

  1. Family

病室で必要なものは、実際に入院してみて初めてわかるものです。今回は2回めということで、万全を期したつもりだったのですが、やっぱり忘れ物をしました。それはポシェット。

ほぼずっと点滴による治療。その間、心電図も装着しています。それを入れておくために、斜めがけのポシェトがいるのです。病院が用意してくれたポシェトはあったのですが、なんと花柄。? 多分、ボランティァの方が作ってくださったのでしょう。

なんとも家人には不似合いで。(ここでも笑いを誘ってくれました)

手元にあった麻のナプキンで手作りしました。簡単なKの刺繍も入れて、2時間くらいで出来上がり。色はいつも着ている、ブルー系のパジャマに合わせて。

麻のナプキンをたたんで縫い合わせただけ、の簡単ポシェット。

入院する前には、家人のベストの取れかかったワッペンを付けてあげたりもしました。

ワークマンのベストに、
最初に派手なワッペンをつけたのは家人。?

そういえば、父の時もこうして針仕事をしたことがありました。母方の祖父が着ていたオーダーメイドのチェックのシャツ。上質な素材だったので父が譲り受けて着ていたのですが、さすがに袖口が擦り切れていました。

多分、50年以上、経っていたのではないでしょうか。袖口に茶色のパイピングをつけてリペアしたら、父はとても喜んでくれ、私と一緒に出かける時にもよく着ていました。

父が亡くなったとき、いつもの姿でいて欲しくて、そのシャツを着せて送り出しました。

このシャツを着て、父は旅立った。

滅多に針仕事はしないのですが、こうしてたまに針を持つと、いつも何かしら手仕事をしていた母のことを思い出します。

フランス刺繍や編み物。母の手作りの品は、今もたくさん残っていて、手に触れるたびに温かい気持ちになります。

針を動かしている時は、何も考えません。ただひと針、ひと針。果てしなく思えるような長い直線も、いつか終わりになります。

時間を刻むような、針仕事。

だからでしょうか。悲しい時、どうしようもない時、心乱れる時は、針仕事が気持ちを落ち着かせてくれるのは。

小さなことがとても心に染みる日々です。

関連記事

「今を生きる」ーー小石至誠の今

9月11日、土曜日の朝。6時頃、ふと目が覚めました。そのあとすぐに電話が鳴りました。家人の入院している病院からでした。「すぐに来てください」心臓がドキドキし、倒…

  • 3986 view

幸せな2日間ーー再び、退院

6月4日、家人は念願の退院を果たしました。しかし、度重なる入退院に、二人とも手放しでは喜べず、まだ、半信半疑というのが本当のところです。特に今回は、脳梗…

  • 2051 view

日々の暮らしが人生を支える

夕方、とうとう東川に雪が降りました。例年より2週間遅れの初雪です。音もなく舞い降りてくる白を眺めながら、あの日から、一年たったのだな、と思っていました。初雪はう…

  • 1074 view

父が教えてくれた「命の尊厳」

延命治療はしたくない、というのは、母が存命だった時から、家族で共有していたことでした。102歳で亡くなった母方の祖母は胃ろうでした。ほとんど意識がなく、意思の疎…

  • 2426 view

12月1日ーー至誠と私の人生が始まった日

今朝起きたら、世界は真っ白に変わっていました。1年ぶりに染まった景色。昨夜から雪がしんしんと降り続き、一晩で20センチほど積もり、今年初めて雪はねをしました。…

  • 1300 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。