奇跡を信じてる

  1. Family

快晴の日曜日の朝。


病院からの電話にびくっとしました。「すぐに来てください」と先生の声。体の震えが止まらないまま病院に駆けつけると、5分間だけ至誠に面会することができました。


急に血圧が下がったとのこと。薬で何とか持ち直し、ほんの少しほっとしました。


とにかく1人ではいられなくて、千葉の弟を呼び寄せました。病院を出てすることもなく、弟と家に帰る途中、二人とも朝ご飯を食べていなかったこともあり、龍口酒家に寄りました。


至誠はここの五目焼きそばが大好きでした。一緒にランチに行くと、私はその時々でいろいろなものをオーダーしましたが、至誠はいつも五目焼きそばでした。
メニューを見ると、五目焼きそばがなくなっています。でも今日はなんとしても至誠が大好きな五目焼きそばを食べたかった。


至誠が顔見知りだったマスターに話をすると、特別に五目焼きそばを作ってくれました。至誠が好きだった味。少しも変わらず、美味しい。弟と2人で完食しました。


帰りに出口でマスターが待っていてくれて、手を合わせてお辞儀をしてくれました。早く良くなりますようにと。


至誠がつないできた地元との縁。今、私がそれを使わせてもらっています。


家に帰っても落ち着かず、ひとり散歩をしました。
至誠と一緒に歩いたところ。至誠が歩いたかもしれないところ。


今はただ奇跡を、信じています。

Day5

iPhoneから送信

関連記事

今日を淡々と誠実に生きたか?

朝、目が覚めた時、夢を覚えていることはありますか。私はほとんどないのですが、今朝は珍しく夢の最中に目が覚めました。至誠がエア鳩出しをしているのを見て(何も道具を…

  • 2233 view

小石至誠の40日ーーあの声を聞きたい

至誠が肺炎で9月9日に入院して40日以上が経ちました。9月11日には気管挿管してICUへ。声が出せなくなりました。私が聞いたその前の至誠の声は、「結花ちゃん。青…

  • 3409 view

100歳の義父の最後の手紙

義父は私のただ1人の文通相手でした。至誠が逝ってから、毎月26日の月命日にはおとうさんに手紙を書きました。至誠のことを分かち合い、私の思いを素直に書けるのは、義父しかい…

  • 1117 view

至誠と共にーー1分でも長く、笑顔でいよう

朝6時。病院からの電話で目覚めました。すぐにタクシーで病院へ。不整脈が多く、血圧も測定不能なほど下がったとのことでしたが、私が着いた時には、少し落ち着いていまし…

  • 5261 view

日々の暮らしが人生を支える

夕方、とうとう東川に雪が降りました。例年より2週間遅れの初雪です。音もなく舞い降りてくる白を眺めながら、あの日から、一年たったのだな、と思っていました。初雪はう…

  • 1096 view

心からいたいと願う場所

飛行機が旭川空港に降りて、大きな空と緑の山並みを見たときの感動は、今も変わらない。何度、東京と旭川を行き来しても、ここに戻るたびに新しく心を揺さぶられる。そして深く深く…

  • 1011 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kozybox/yuka-shimoda.jp/public_html/wp/wp-content/themes/one_tcd061/comments.php on line 148