悲しみは愛しさーーカワギシ ヒロさんの「母の願い」

  1. Family
カワギシ ヒロさんの自作曲。「母の願い」。


不意に涙があふれました。


そのコラという楽器の音があまりにも深く沁みてきたからです。この5年間に逝った父のことを思い、母のことを思い、至誠のことを思いました。

日常の時間の中で、何とかやり過ごそうとしていたことが、1つの曲で鮮やかに浮かび上がってくるーー。


それはまさにそんな瞬間でした。
「母の願い」と題された曲。https://m.youtube.com/watch?v=Do9GqAZgNIk


友人のカワギシ ヒロさんとは、もう何年もお会いしていませんが、Facebookでつながっていて、静かな場所にご自分の手でアトリエを作られたことも知っていました。この動画はそのアトリエで撮られたものでしょう。ご自身の作曲とご自身の演奏による「母の願い」。

以前にも直接の演奏を、何度も聞かせていただきました。


初めて聞いたのは、ジョン レノンのイマジンでした。それまで私が知っていたイマジンとは全く違った、カワギシさんのイマジン。それは、心の底から揺さぶられるような音でした。


コラという楽器の音に触れたのも、その時が初めてでした。ギターのような、ハープのようなプリミティブなその楽器を、カワギシさんは慈しむように弾きました。


悲しむことは、その人を思い出すことなのだと思います。


時薬が辛さを癒してくれるかもしれないけれど、私はそれを本当に望んでいるのだろうか。


多くの人が悲しみを抱え、喪失感を抱え、それでも日々の暮らしの中で生きている。
その人生の中で、悲しみは愛しさ、でもあるのだと思います。


まだ若かった頃、私は愛する人に、自分より先に死なないでほしいと願いました。そんなことには耐えられない、と。


けれど今、私は至誠にこんな辛い思いをさせずに済んでよかったと心から思います。それは、この辛さの中での唯一の救いです。


カワギシさんの「母の願い」を、今、悲しみと共にあるたくさんの方にお届けしたいと思います。

iPhoneから送信

関連記事

「病室のギャラリー」65枚のポストカード

家人に1日1枚、ポストカードを送り始めたのは、8月に再入院してからでした。急性白血病で、去年の10月から10ヶ月入院して、やっと退院したと思ったら、1ヶ月で再発…

  • 2156 view

No news, Good newsーーかすかな光が

至誠が人工呼吸器をつけてICUに入ってから、2日が経ちました。昨日は、昼間、病院に行きました。コロナ禍ということで、特別な時以外は面会はできず、病院に行ってもi…

  • 2249 view

蜜蝋のキャンドルーー至誠の月命日

今日は、昨年の10月26日に亡くなった至誠の月命日です。日の出と共に起きて、ストーブを焚き、蜜蝋のキャンドルをつけました。北の住まい設計社で、友人が買っ…

  • 1089 view

移植という「クリスマスのギフト」

12月12日(土)、家人と私は担当医から、急性白血病の今後の治療スケジュールとその内容、それに伴う副作用について、1時間以上に渡って詳しい説明を受けました。2週…

  • 1837 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。