悲しみは愛しさーーカワギシ ヒロさんの「母の願い」

  1. Family
カワギシ ヒロさんの自作曲。「母の願い」。


不意に涙があふれました。


そのコラという楽器の音があまりにも深く沁みてきたからです。この5年間に逝った父のことを思い、母のことを思い、至誠のことを思いました。

日常の時間の中で、何とかやり過ごそうとしていたことが、1つの曲で鮮やかに浮かび上がってくるーー。


それはまさにそんな瞬間でした。
「母の願い」と題された曲。https://m.youtube.com/watch?v=Do9GqAZgNIk


友人のカワギシ ヒロさんとは、もう何年もお会いしていませんが、Facebookでつながっていて、静かな場所にご自分の手でアトリエを作られたことも知っていました。この動画はそのアトリエで撮られたものでしょう。ご自身の作曲とご自身の演奏による「母の願い」。

以前にも直接の演奏を、何度も聞かせていただきました。


初めて聞いたのは、ジョン レノンのイマジンでした。それまで私が知っていたイマジンとは全く違った、カワギシさんのイマジン。それは、心の底から揺さぶられるような音でした。


コラという楽器の音に触れたのも、その時が初めてでした。ギターのような、ハープのようなプリミティブなその楽器を、カワギシさんは慈しむように弾きました。


悲しむことは、その人を思い出すことなのだと思います。


時薬が辛さを癒してくれるかもしれないけれど、私はそれを本当に望んでいるのだろうか。


多くの人が悲しみを抱え、喪失感を抱え、それでも日々の暮らしの中で生きている。
その人生の中で、悲しみは愛しさ、でもあるのだと思います。


まだ若かった頃、私は愛する人に、自分より先に死なないでほしいと願いました。そんなことには耐えられない、と。


けれど今、私は至誠にこんな辛い思いをさせずに済んでよかったと心から思います。それは、この辛さの中での唯一の救いです。


カワギシさんの「母の願い」を、今、悲しみと共にあるたくさんの方にお届けしたいと思います。

iPhoneから送信

関連記事

ずっと私を支えてくれた

昨日、至誠のお姉さん2人が岐阜から来てくれました。夜でしたが、3人で至誠に会うことができました。至誠はすやすやと寝ていましたが、お姉さんたちの呼びかけに、目をぎ…

  • 5629 view

幸せな2日間ーー再び、退院

6月4日、家人は念願の退院を果たしました。しかし、度重なる入退院に、二人とも手放しでは喜べず、まだ、半信半疑というのが本当のところです。特に今回は、脳梗…

  • 1771 view

愛しいとしか思えないーー自宅療養の日々

朝起きて、まずするのは、家人のバイタルチェック。体温計、パルスオキシメーター、血圧計、体重計は日常の友達。熱がなければ、ホッとするけれど、家人は大抵、起きがけに…

  • 1498 view

「冬至まで」ーー祈りの朝

今年も、この本を再読しました。もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。…

  • 1016 view

「一緒にいてくれること」だけでいい

家人が退院して2週間が経ちました。この間、一度、外来受診をしましたが、血液検査の結果は良好とのこと。食欲もあり、洗濯やお風呂洗いなど、以前こなしていた家…

  • 1450 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 2881 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。