それでも人は生きていかなければならない

  1. Family


今日は朝から雪が降っていた。そして今も、はらはらと雪が降っている。


今年のように、こんなに長い時間、雪を眺めて過ごしたことはなかったと思う。旭川生まれの根っからの道産子だけれど、雪はいつも家の外にあり、私の暮らしの中にはなかった。


東川2M houseに来て、雪はとても親しいものになった。特に夜ライトアップされた桜の木を背景に、白く細かいものが舞い始めると、じっとそれを見ずにはいられない。ときには雪を見ながらいつの間にか眠ってしまうこともある。


2021年という年を、できることなら私の人生から消してしまいたいと思う。


至誠が今ここにいないという現実を、私はどうしても受け入れることができない。だから思いっきり泣くこともできない。泣ければ楽になるのだろうか。


今年、私はたくさんのブログを書いた。そのほとんどは至誠との時間の中で生まれた。


多くの方が、たくさんの人が私の文章に共感を持ったと思う、とおっしゃってくださる。私が発信したことが、どこかで誰かの思いに通じるのならば、それは望外の幸せだ。けれど、私をそのためにブログを書いていたわけではない。それは決して目的ではなかった。
私はただ書かずにいられなかったし、小石至誠というひとりの人間の生き様を伝えずにいられなかっただけだ。


はらはらと雪が降っている。なぜ私はここにいるのだろうと思う。


至誠は私の心の中にいる。私はたちはいつも一緒にいる。そのことを疑ったことはない。それでも実態がないというこの悲しみは尽きることがない。


明日になればまた日が昇り、自然は優しく微笑むだろう。日々の暮らしは静かに流れていく。時間が戻ることはもう二度とない。


絶望しても、苦しくても、抜け殻であっても、それでも人は生きていかなければならない。


ただ、至誠への想いだけを抱きしめて、私は新しい年に足を踏み入れる。

2021年12月31日の夕景。

関連記事

待ちわびた退院

3月19日、家人は予定通り、病院の血液内科を退院しました。10月5日の入院から半年。12月25日の臍帯血移植から3ヶ月。この間、GVHDの症状が酷く、とても厳し…

  • 2794 view

入院

昨日の外来受診で軽度の肺炎であることが発覚。入院することに。もう一年半以上、入退院を繰り返しているので、家人は入院を嫌がったが、今のうちに集中的に治療をという医…

  • 1971 view

いつも笑わせてくれる人

5月7日の家人の入院から2週間が経ちました。この間、心配してくださっている方がたくさんいることを知りつつも、どうしてもブログを書く気になれませんでした。脳梗塞…

  • 1955 view

緩やかな家族と共にーー小石を偲ぶ会

今日、小石を知る仲間の皆さんがバケラッタで「小石を偲ぶ会」を開催してくれました。バケラッタでのパーティの時、小石はお料理チームに入れていただき、お手伝いをしてい…

  • 2311 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。