至誠の幸せな子供時代

  1. Family

以前から病院にお願いしていたのですが、昨日、至誠の姉が上京し、やっと至誠と面会することができました。


せっかくお姉さんが来てくれたのに、至誠はやはり「眠り王子」。でも私たちの言葉はきっと聞こえていたと思います。


お姉さんに、夜は家に泊まってもらいました。久しぶりに自分以外の人のために夕食を作り、至誠の子供の頃の話を聞きました。


泣き虫で、すぐにビービー泣いていたこと。


小さい頃は病弱ですぐにお腹を壊したり熱を出したりしたこと。


しょっちゅう鼻血を出し、至誠のシーツや枕カバーは鼻血が転々としていたこと。


3日とあけず犬を拾ってきて、母に返してきなさい、と言われて泣き泣き河原に返しに行ったこと。


保育園に行っても4日くらいで「つまんない」と言ってやめてしまったこと。


それまでは中の下だったのに、小4くらいから急に成績が良くなり、大学に行くことになったこと。


大学の入試の時、鼻血が止まらず、別室で試験を受けて落っこちたこと。


本人からは聞いていなかった側面ばかりでした。


猫はずっと飼っていたけれど、犬を飼ったことはなかったと聞き、「東川に落ち着いたら、保護犬でも買いたいね」と至誠が言っていたのを思い出しました。


至誠自身が語っていた子供の頃は、


いつも川で遊んでいたこと。


畑のスイカを盗んで食べたらそれは自分の家の畑だったこと。


といったたわいのないことばかりでしたが、お姉さんの話を聞いて、小さかった至誠の幸せな子供時代が浮かび上がってきました。


急速に目まぐるしく変わっていく日本ですが、至誠の故郷の田舎はあまり大きく変わっていません。そのせいでしょうか。あの田舎の景色のそこかしこに、至誠の子供の頃の姿が見えるのです。


昨日は雨の1日でした。今日は青空が見えるでしょうか。

Day2

泣き虫だった至誠。
今もちょっと泣き虫。

iPhoneから送信

関連記事

看取りによって、家族は再び家族になる

9月1日、父の野辺の送りをすませました。8月30日の夕方、父は苦しむことなく、静かに逝きました。延命治療をせず、最後は点滴も外し、酸素吸入だけでした。弟と私がふ…

  • 3275 view

再入院

8月20日、家人が再入院しました。東川から戻った翌日。以前から予定していた14日の通院の際、血液検査と骨髄検査で、急性白血病再発が判明。完全寛解で退院し…

  • 2360 view

「いつも何度でも」ーー父を想う

去年の今日、9月1日は、父の野辺送りの日でした。多くの方にとって、親の死は初めての経験だと思います。私もそうでした。母の時は父がいた。でも父の時は、私が…

  • 1520 view

「良いこと」を数える

ここ1週間、家人の様子をFacebookにあげていなかったので、心配してメッセージをくださった方が何人もいらっしゃいました。気にかけて頂いて、本当にありがとうございます…

  • 1650 view

辛い時こそ、暮らしを丁寧に

至誠がICUに入って3日目。知らせがないのは良い知らせ、とはいえ、心休まらない時間が続いています。夜は何度も目が覚め、朝方になってやっと眠る感じです。今朝、担当…

  • 1753 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。