そこにいてくれることが奇跡ーーオリンピックの日に

  1. Family

去年の8月、家人の白血病の再発を医師に告げられました。その時、処方箋にあったのは、


治療しなければ、余命2ヶ月


という言葉でした。


あれから一年。

臍帯血移植を乗り越え、今あることを思うと、そこにいてくれることが奇跡、という思いがします。

こんな気持ちになるのは、かつて同僚だった方の訃報に接したせいかもしれません。一緒に手がけた単行本に、その方のお名前を見、静かにご冥福をお祈りしました。


家人は、ここのところ、食欲が戻らず、1日のほとんどをまどろんで過ごしています。

先週の通院の血液検査では、炎症の数値は良くなっているということで、肺炎は徐々に回復してきていますが、まだ痰はきれません。帯状疱疹も瘡蓋になり、剥がれつつありますが、時々、痛みもあります。


そんな中、北海道の知人に教えてもらったスープだけは、どんな時もおいしいと口にしていて、助けてもらっています。


ヒポクラテススープ。別名、長生きスープとも言うようです。https://www.google.co.jp/amp/s/tokusengai.com/_amp/_ct/17332558
h


効果は個人差があると思いますが、少なくとも、家人はこのスープを飲むようになって体内の浄化が進むようになりました。私はこのレシピの半分の量で作って、冷蔵庫に保存しています。


良いと聞けば、なんでもやってみる。それはどんな時も、人生に向き合う私の姿勢です。


オリンピックの開会式をテレビで眺めながら、穏やかにすぎた1日に感謝。


家人の健やかな寝顔が、今、とても救いです。

ヒポクラテススープ。
7種類の野菜を煮て、こして作る。

関連記事

意志の力、家の力ーーリハビリの日々

家人が退院して3日が経ちました。帰宅した当初は、一人で立ち上がることもままならず、立つこと、歩くことができない状態でした。急遽、介護保険を申請し、最小限の仮設の…

  • 1946 view

切なくて大切な時間ーー病院の待合室で

朝、4時15分。枕の下に入れた携帯が鳴りました。病院からでした。「少し脈拍が弱くなったのでお知らせします。もう一段、脈拍が下がったら、ご連絡しますので病院にいらしてくだ…

  • 11438 view

看取りによって、家族は再び家族になる

9月1日、父の野辺の送りをすませました。8月30日の夕方、父は苦しむことなく、静かに逝きました。延命治療をせず、最後は点滴も外し、酸素吸入だけでした。弟と私がふ…

  • 3679 view

12月1日ーー至誠と私の人生が始まった日

今朝起きたら、世界は真っ白に変わっていました。1年ぶりに染まった景色。昨夜から雪がしんしんと降り続き、一晩で20センチほど積もり、今年初めて雪はねをしました。…

  • 1331 view

これは「至誠からのギフト」

岐阜から出てきた至誠のお姉さんと、病院に面会に行きました。特別に許可を得て短い時間だけ、お姉さんも至誠に会えることになったのです。至誠は上にお姉さんが2人いて、…

  • 2741 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。