未来は予想できないーー去年の今日は「退院」だった

  1. Family

2020年7月11日。去年の今日、家人は最初の病院を退院しました。9ヶ月の抗がん剤治療を経ての、白血病の寛解。私達にとって、待ちに待った日でした。

家族の退院→https://yuka-shimoda.jp/wp/family/748/

あれから1年。この間に、再発、臍帯血移植、退院、入院、退院、入院、退院、入院、退院。そして自宅療養。

あのとき、1年後はもっと元気になっているはず、と信じて疑いませんでした。

まさか、歩くことが不自由な状態になるとは、、、。

今、家人は要介護3の認定を受けています。介護保険の手続きやその後の流れは、とてもスムーズかつスピーディで、札幌での両親の時とは全く違いました。

それはとても有難いことなのですが、正直、その変化の速さに、私の心はついていけませんでした。

誰にだって、未来を見通すことはできません。

もしそれができたら、絶望してしまうかもしれません。

自分にいつも言い聞かせていることがあります。

過去を振り返ったり、未来を憂えたりしないーー今、この時だけを見る。

家人は再発しているわけではないし、帯状疱疹も治りかけているし、肺炎も重症ではないのですから。

2人の時間の密度が、今ほど濃かったことはなかった。この時間こそが、今、いちばん大切なものです。

ずっと食欲がなかった家人が、今日は私の作ったコーヒーゼリーが食べたい、と。

家人は、東川の家の庭から知人が摘んで送ってくれたサクランボやイチゴと共に、美味しい、美味しいと言ってコーヒーゼリーを食べました。こんな小さなことが、本当にうれしい。


コーヒーゼリーにはクリームではなく、
牛乳に三温糖を加えたものをかけて食べる。

1年前にはなかったもの。

去年よりもより多くの人の支え、励まし、笑顔。そして、あの家。

東川2M houseが私達を待っている!

関連記事

100歳の義父の最後の手紙

義父は私のただ1人の文通相手でした。至誠が逝ってから、毎月26日の月命日にはおとうさんに手紙を書きました。至誠のことを分かち合い、私の思いを素直に書けるのは、義父しかい…

  • 1117 view

人は記憶と共に生きていく

9月30日、至誠は気管切開のオペを受けました。気管挿管し人工呼吸器をつけてICUに入って2週間以上経っています。まだ完全には自力呼吸ができない中、本人への負担を減らし、…

  • 2361 view

至誠の幸せな子供時代

以前から病院にお願いしていたのですが、昨日、至誠の姉が上京し、やっと至誠と面会することができました。せっかくお姉さんが来てくれたのに、至誠はやはり「眠り王子」。…

  • 2816 view

突然の朝ーー再々入院

5月7日、金曜日の朝、家人はベッドから立ち上がれませんでした。介添をしてやっと立ち上がり、自力で歩いてダイニングテーブルの前にすわりました。一緒に朝食をとりまし…

  • 2637 view

希望ーー現在進行形の【東川プロジェクト】

家人は昨日、首にカテーテルを挿入し、今日からビーリンサイトという抗体療法が再び始まりました。以前の病院で、一度、経験している治療ではありますが、あー、本格的に始まったん…

  • 2210 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kozybox/yuka-shimoda.jp/public_html/wp/wp-content/themes/one_tcd061/comments.php on line 148