家に帰りたいーー訪問点滴という選択

  1. Family

今日の午後、家人は退院しました。入院から3日目。肺炎は完治には至っておらず、本来ならば、1週間から10日の入院が必要です。けれど、家人は3日が限度、と。

家に帰りたいーー。

家人の強い要望に、担当医は患者さんの心も大切だから、と訪問診療での点滴という方法を提案してくれました。

訪問診療で大丈夫だろうか。私で対応できるだろうか。

そんな不安も、次々とやってくる新しい局面に戸惑いもあります。それでも、私は家人の望むようにしてあげたい、と思いました。

2019年の10月に白血病を発病して以来、家人はこの1年半のほとんどを病院で過ごしてきました。3月に退院してからも、1ヶ月も経たずに再入院を繰り返す日々。68年の人生の中で、決して短くはない時間でした。

病院の看護師さん達の対応には感謝しかありませんが、飲みたい時に温かいお茶も飲めず、病院食を食べ続け、冷房の効きすぎた無味乾燥な病室での時間は、もう耐えられないというのも、当然だと思うのです。

家に戻った家人は、安心したように眠っています。
夕方、訪問看護ステーションの方とクリニックの先生、看護師さんがきて、必要なことを整えてくれました。明日から訪問点滴が始まります。

まだ、食欲はあまりなく、今日もほとんど食べていないのですが、それでも目が覚めて言ったのは「マンゴーが食べたい」。

昨日、沖縄に行った方から届いた果物と野菜の宅急便。そのなかには、立派なマンゴーも! その話をしたら、家人はマンゴーをとても楽しみにしていたのです。

強い生命力を感じる沖縄の野菜と果物。

たくさんは食べられなかったけれど、家人はとても美味しいと言って、マンゴーを口にしました。

夜、新たなうれしいメールが届きました。旭川の知人からで、東川2M houseの庭のサクランボとイチゴを収穫してクール便で送りました、という知らせでした。 

庭からの贈り物。

何と美しいことでしょう。あの庭で育ち、私達を待っていてくれた果実たち。

東川の庭で2人で収穫した気分をちょっとだけでも妄想してくれたら、、、という言葉に、涙が溢れました。


今年は庭のサクランボがなる頃、東川に行きたいねーー家人は3月に退院したとき、そう言っていたのです。残念ながら、自分では収穫できなかったけれど、退院したのでサクランボを味わうことはできます。

北海道の味のサクランボ。


マンゴーといい、サクランボといい、、、本当にたくさんの方が見守り、励ましてくださっている。

そのことに2人とも日々、心から感謝しています。

関連記事

入院

昨日の外来受診で軽度の肺炎であることが発覚。入院することに。もう一年半以上、入退院を繰り返しているので、家人は入院を嫌がったが、今のうちに集中的に治療をという医…

  • 1971 view

うれしい知らせ!ーー「生着間違いなし」

年末からお正月の間もずっと、毎日、家人の病院に行っています。コロナのため面会禁止ですし、そもそも無菌病棟なので直接、会うことはできないのですが、差し入れを看護師…

  • 1675 view

無菌病棟から一般病棟へ

2月24日、今日、家人は無菌病棟から一般病棟に移りました。12月半ばから二ヶ月余り。その間、12月25日に臍帯血移植。1月のお正月を過ぎたあたりからどん…

  • 1389 view

延命治療はしない

2019年8月28日、父は痰が絡んでひどく咳き込み、苦しんでいました。間質性肺炎が悪化し、肺に痰がたまっていきます。看護師さんが「痰を取っていいですか?…

  • 2813 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。