「幸せって他愛ないことだね」

  1. Family


ここ1週間ほどは、FacebookやInstagramの投稿もしていませんでした。


家人の帯状疱疹が思いのほかひどく、連日痛みが続きました。眠っている時以外はずっと痛いという状態。

薬を飲んでも、嘔吐してしまうこともしばしば。食事もほとんど摂れないような状態が続きました。

週2回の通院では、輸血や点滴。それもまた、家人には重労働でした。


夜も何度も目を覚ますので、私も同じ部屋のソファで寝ていました。


痛みがなくなったと本人が言い出したのは一昨日からのこと。昨日は1週間ぶりに平穏な夜を過ごすことができました。


痛みを気にせずに、ダイニングテーブルに座ってゆっくりと食事をし、食事が終わった後も、そのまま2人で話をする。そんな当たり前のことがずっとできなかったのです。


テレビを見ながら感想を言い合ったり、東川2M houseの未来を語ったり。


「幸せって他愛ないことだね」と家人。


本当にそう思います。痛いところがない。食事が普通に食事ができる。ゆっくりと話す。痛みに構えずにいられる。


それだけで、十分に幸せと感じられる。幸せって、本当に他愛のないことの積み重ねです。


病を得ると、その辛い時間を「負の時間」と思ってしまいがちです。もちろん、痛いのは嫌なことだし、健康で元気であれば、それに越した事はありません。
けれどこうした制限された時にこそ、本質がわかることがあるのも事実。


白血病と診断されてから、1年半。その間、ほとんどの時間を家人は病院で過ごしてきました。6月24日の家人の誕生日も、一緒に居られたのは2年ぶりのことでした。


誕生日だからといって、特別なことは何もしませんでした。食事さえもままならないので、料理を作ることもできません。デザートも食べられない。受け付けるのはごくわずかな梅粥と野菜スープだけ。


それでも、一緒にいられることが有難く、かけがえのない時間でした。


家人は、一昨日、1週間ぶりにパスタを(といっても一人前の4分の1程度)、昨日の夜は下田家特製のハンバーグ(これまた4分の1程度)を完食しました。

生姜のみじん切りをたっぷり入れた
母のレシピのハンバーグ。

体に熱がこもりやすく、すぐに微熱が出るので、
冷えピタを常備。


この1週間の間に、食べられる量がめっきり減ってしまったので、少しずついろいろなものを盛り合わせ、今日の夜はついにお子様プレート。?

この量を食べ切るのがやっと、、、。


免疫力が落ちているので、今も油断はできません。痰がからみやすかったり、ちょっとしたことで発熱したり。


それでも、離れていた時間を思えば、この一瞬に感謝する毎日です。

今朝、ミニバラが咲いた。


iPhoneから送信

関連記事

至誠の幸せな子供時代

以前から病院にお願いしていたのですが、昨日、至誠の姉が上京し、やっと至誠と面会することができました。せっかくお姉さんが来てくれたのに、至誠はやはり「眠り王子」。…

  • 2810 view

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 5387 view

再入院

8月20日、家人が再入院しました。東川から戻った翌日。以前から予定していた14日の通院の際、血液検査と骨髄検査で、急性白血病再発が判明。完全寛解で退院し…

  • 2671 view

至誠の故郷にてーー葬儀

11月6日、土曜日。至誠の故郷の岐阜で、近親者による家族葬を営みました。おねえさんと家族、至誠の甥や姪、その子供たち。そして、99歳のおとうさんも施設から来てく…

  • 2813 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。