不安や恐れに向き合う武器

  1. Family


どうしようもなく不安になる。いてもたってもいられない。それは未知への恐れからくるのだと思います。


今のこのパンデミックの状況もそうです。漠然とした不安。そして迷い。


その不安を払拭するためには、事実を知ることが何より大切なのではないでしょうか。
何が危険で、何が危険でないのか。イメージや雰囲気ではなく、数字の裏付けのある事実を知ること。自分の中の基準をはっきりと持つこと。最悪の場合を想定して行動すること。


ここ数日の家人の状態に、私の心は恐れでいっぱいでした。どんなにそれを拭おうとしても拭い切れない。


今日も家人の病院に行きました。担当の先生が会ってくださり、パソコンの画面を見ながらデータを元に丁寧に、今の状態を説明してくださいました。


白血病の臍帯血移植後、現れるであろうと予想されていたGV HDが出てきていること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

GVHD(graft-versus-host disease:移植片対宿主病)

GVHDは日本語では移植片対宿主病といいます。白血球は自分以外を敵と見なして攻撃する性質を持っています。移植されたドナーの造血幹細胞がうまく患者に生着すると、患者の体の中をドナーの白血球が回るようになります。すると、このドナーの白血球にとっては、患者の体は「他人」とみなされますから、免疫反応を起こして患者さんの体を攻撃してしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家人の具体的な症状は、発熱、皮膚の乾燥、食道のあれ、痰、咳、、、。
しかし、MRIの結果、肺炎の症状が見られなかったと聞き、ほっとしました。また肝臓の数値が悪かったのですが、それも1日でかなり改善していました。白血球の数値も3400を超えています。具体的な数値を見るとその変化が明らかにわかります。


英語では、Facts&Dataと言いますが、事実と数値に勝る真実はありません。


先生のお話を聞いているうちに、もやもやとした不安がかなり収まっていきました。
その後、車椅子の家人とガラス越しに会って、短い時間ですが言葉をかわし、思っていたほどには憔悴していないこともわかりました。
昨日から個室に移動したので、FaceTimeもできるようになりました。といっても本人の状態があまり良くないので1日に1,2回ですが。


仕事であれ、人生であれ、どんなときにも恐れはついてまわります。それを強い気持ちでねじ伏せようとしても、限界があります。


その恐れに向き合うためには、事実と数値が何よりも武器になる。
不安は知識と理性で乗り切るしかないのだと、今、改めて思うのです。

昨年、12月。移植の説明を受けた時の家人と私。

iPhoneから送信

関連記事

「病室のギャラリー」65枚のポストカード

家人に1日1枚、ポストカードを送り始めたのは、8月に再入院してからでした。急性白血病で、去年の10月から10ヶ月入院して、やっと退院したと思ったら、1ヶ月で再発…

  • 553 view

看取りによって、家族は再び家族になる

9月1日、父の野辺の送りをすませました。8月30日の夕方、父は苦しむことなく、静かに逝きました。延命治療をせず、最後は点滴も外し、酸素吸入だけでした。弟と私がふ…

  • 2212 view

無菌室で知った感染症対策

多く方がそれぞれの立場で、COVID-19とその状況について発信していらっしゃいます。専門家の方の意見も多く、それは本当に有り難いことです。私のこの半年…

  • 1588 view

決意ーー入院10日目

家人が、急性白血病で入院してから一年が経ちました。昨年の10月11日。血液検査をして緊急ではないからと帰宅した翌日、急に病院からの電話で呼ばれ、そのまま入院にな…

  • 918 view

延命治療はしない

2019年8月28日、父は痰が絡んでひどく咳き込み、苦しんでいました。間質性肺炎が悪化し、肺に痰がたまっていきます。看護師さんが「痰を取っていいですか?…

  • 1384 view

移植という「クリスマスのギフト」

12月12日(土)、家人と私は担当医から、急性白血病の今後の治療スケジュールとその内容、それに伴う副作用について、1時間以上に渡って詳しい説明を受けました。2週…

  • 597 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。