できる時に、できる場所で、できることをーー東京のベランダで

  1. Lifestyle


東京は梅雨空です。昨日は、ウサギのピーター(勝手に名前をつけました)と目が合って始まった朝。


東京に戻ると、今でも心が重くなる。人が多いこと、救急車の音、緑がないグレーの景色。至誠の不在を、東川より強く感じるのは、たくさんの2人の記憶が残る場所だからかもしれません。


東京の朝は、決して、良い天気でもなく、青空も見えないけれど、それでも私はベランダに出て朝食をとります。
デイジーの花も、緑の田んぼも、ウサギの姿も見えないけれど。

東京のマンションのベランダで。
ロダの家具だけが東川と同じ。


できる時に、できる場所で、できこることをする。


「一生懸命暮らす」とは、つまり、そういうことなのではないかと思うようになりました。


5月の、桜が満開になった日から40日あまり。毎日、病の決断を迫られる友人からのメッセンジャーに向き合いながら、言葉が出ないこともしばしば。その度に、自分は今日を精一杯生きたか、と問い直さずにいられません。


丁寧に作ること、丁寧に食べること。人との繋がりをひとつひとつ大切にすること。言葉を綴ること。


ともすると流されてしまう時間の中で、あたりまえのようで、できないことも多いからこそ、大切にしたいことです。


今日は表参道のスカンジナビアリビングで、リアルのトークイベントがあります。来てくださった方に誠実に向き合うことだけを思って、準備しようと思います。

ミントは東川から持ってきた。
食材もあまりないから、
せめてアスティエの器で朝食をとる。

関連記事

ふたりのクリスマスイブ

クリスマスイブの朝、東川に来ました。私にとってクリスマスイブは特別な日です。幼い頃、母は弟と私のために、クリスマスにはクリスマスらしいご馳走と飾り付けを…

  • 2085 view

私が個人ブログをスタートした理由

唐突に思われるかもしれないけれど、個人ブログを立ち上げることにしました。理由は、書きたいことがあるから。モダンリビングのブログは、オフィシャルな…

  • 8238 view

「建築」が与えてくれる幸せがある

今夜は十六夜(いざよい)だ。昨日のスーパーバックムーン(バックは牡鹿のこと。牡鹿の角が生え変わる時期ということからだそう)もきれいだったけれど、今夜の月は、それ…

  • 786 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。