夢は具体的であるほど美しいーー新年はマティスのJAZZと共に

  1. Interior

2021年。あけましておめでとうございます。


今年最初の1日を、私はマティスのジャズと共に過ごした。

この大きな本を買ったのはいつのことだったか。インテリアとして飾ってあり、実は中をじっくり見たことはほとんどなかったのだけれど、新年のこの日は、ゆっくり眺めるのにとてもふさわしい気がした。


私たちの2拠点生活、東川プロジェクトもいよいよ大詰め。2月には竣工の予定だ。


どんなインテリアにするのですか、とよく聞かれるのだけれど、ものすごくシンプルでものすごく色がない空間になると思う。多くの木の色と、グレーと白と黒。壁にかけるのはモノクロの写真かエッチングと決めている。


今までたくさんのインテリアを見てきたし、自分の家でも、撮影でもトライアルを重ねてきた。


インテリアは本当に楽しい。


けれど東川プロジェクトで、主役になるのは圧倒的な自然だ。約20メートルにわたるガラスの開口の向こうには、一面に畑と田んぼが広がる。


その景色の前では、ほとんどのインテリアは太刀打ちできない。それほど力強く、そして色に溢れている。
だから家の中は無彩色にしようと決めた。


ただ1つの例外、それは1番奥にあるゲストルーム。たくさんの方に、東川の暮らしを体験してほしいから、ベッドを2つ入れたゲストルームを作った。この部屋だけは色があっても良いのでは、と思う。むしろゲストに合わせて色を変えたい。


その時、ふとこの本のことを思い出した。マティスのジャズは、マティスが色紙を切り抜いて貼った作品集だ。色と線が一体化した切り絵という手法。


その色の鮮やかさ、その形の自由さ。


この本は1ページ1ページが切り離されているので、額装できる。オークのシンプルな額縁に入れたらきっと映えるだろう。


2021年元旦。

1枚1枚、ページをくりながら、どのイメージを選ぼうかと考えるのはとても贅沢な時間だった。


去年のお正月の日記を見ると、毎日家人の病院に通っていた。
家人が入院をしたままの2度目のお正月。


去年の12月25日に臍帯血移植をした家人は、順調に経過しているけれど、そろそろ反応が出始めている。
髪の毛が抜け、発熱し、お腹の状態も安定しない。食欲もない。すべて想定される症状ではあるのだけれど、それでもその時々で一喜一憂してしまう。


私たちにとって、東川プロジェクトはとても具体的な身近な夢だ。そこでの暮らしを思うと笑顔になれるし、頑張れる。


5年前には思いもしなかった2拠点生活が今、目の前に来ている。桜が咲く頃、家人と東川にいる。そしてこのマティスのジャズをゲストルームにかけてお客様を迎える。


夢は具体的であるほど美しい。


2021年、光にあふれた日々が重なっていきますように。

iPhoneから送信

関連記事

暮らしの術【3】散歩できるという幸せ

NYの友人から、外出禁止令が出る前に、セントラルパークを歩いてきました、というメールが届きました。新型コロナウィルスによって、パリもミラノも、そしてNYも自由に…

  • 757 view

うれしい知らせ!ーー「生着間違いなし」

年末からお正月の間もずっと、毎日、家人の病院に行っています。コロナのため面会禁止ですし、そもそも無菌病棟なので直接、会うことはできないのですが、差し入れを看護師…

  • 472 view

暮らしの術【2】花を最後まで楽しむ

テレワークや外出の自粛などで家にいることが多くなり、花をきらさずに飾るようになりました、という声を聞きました。どこか重苦しい空気の中で、ちょっとうれしい…

  • 513 view

羊のモリー

家人と2人でインテリアショップをブラブラしていたら、羊の毛で包まれた椅子があった。何気に座った家人は「何? これ? 超気持ちいい! 買う!」と言う。「買うの⁉︎…

  • 960 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。