部屋の中の小さな景色 1 「キッチンのデスク照明」と「常夜灯」

  1. Interior


10年前にリノベーションした時から、キッチンの照明が気になっていました。

カウンターの上の棚の下に、ライン上に入った蛍光灯。リビングやダイニングの他の照明が温かいオレンジ色の中で、そこだけが白い光の帯。いかにも作業用という感じで、使う時だけとはいえ、馴染まないなあ、とずっと思っていたのです。


最近になって、キッチンのカウンターにデスク照明を置いてみました。アングルポイズのタスクライトです。

昼間の景色。
夜の景色。


キッチンには唐突?と思ったのですが、そんなことはなく、しっくりと馴染んでいます。


使うときだけ点けるのは、蛍光灯もスタンドも同じこと。ポチッというスイッチの音も好ましい。これだけで、キッチンに感じていた照明の違和感が一掃しました。

キッチンって、どうしても「作業スペース」になりがちなところがありますが、照明を置くことでこのコーナーに部屋感が生まれました。これは予想外の利点でした。

キッチンに立つたびに、ちょっとうれしくなります。


もうひとつ、最近の照明使いを。


コードレス照明、アワビエンテックのターン。うちにあるのは黒。以前は、ベランダに持ち出したり、ダイニングでキャンドルと混ぜて使ったりもしていました。

どこにでも持ち運べるのがコードレス照明の良さですが、コードを繋いだまま使うこともできます。


家人が夜、何度か目を覚ますこともあるので、私はこのターンを常夜灯としても使っています。いちばん弱い段階にすると、ほんのりとした光の溜まりができて常夜灯にちょうどいい。コードを繋いだままなので、バッテリー切れを心配する必要もありません。

もっと低い位置に置くと、足元だけの灯りに。


照明はもの選びも大切ですが、それ以上に効くのは、使い方。どこに置くのか、どう見えるのか、試してみて初めてわかることがたくさんあります。


あんなにキャンドル好きだったのに、今はキャンドルに手が伸びないのは、気持ちの余裕がないからでしょうか。

そんな今だから余計に、照明の「使い方の発見」はうれしいのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の家人は、ほとんどの時間を眠っていました。新しく飲み始めた薬が効きすぎ、立ち上がってもフラフラする状態。トイレに行くときは、危なっかしくて、いつもそばで支えていました。

それでも夜には、足取りもしっかりとしてきて、少ない量ですが、とろろかけご飯と朧豆腐、お吸い物を完食。これだけのことが、家人にとっては本当に大変な重労働なのです。

頑張ってくれたことに、ありがとうね、と声をかけました。

iPhoneから送信

関連記事

心が辛い時の3つの処方箋

心が辛くはありませんか。わけもなく寂しい時もあるし、はっきりとした理由があって落ち込むこともあります。家人が急性白血病で入院して、1年3ヶ月が経ちました…

  • 1762 view

「病室のギャラリー」65枚のポストカード

家人に1日1枚、ポストカードを送り始めたのは、8月に再入院してからでした。急性白血病で、去年の10月から10ヶ月入院して、やっと退院したと思ったら、1ヶ月で再発…

  • 2181 view

いちばん美しいものを自分のために使う

毎朝、入院中の家人とFaceTimeで朝食を共にしています。変わり映えのしない病院食に向き合う家人は、それでも胡椒をかけて少しでも美味しくと工夫しています。そん…

  • 1412 view

面倒なことを乗り切る秘訣

今まで、自分で確定申告をしたことがありません。家人がフリーランスなので、税理士さんにお願いしていて、私のわずかばかりの確定申告も一緒にやっていただいていました。物理的な…

  • 1346 view

空っぽの庭ーー最後のベランダ朝食

先週の金曜日、いつもと同じようにベランダで、家人とFaceTime朝食をしました。11月と思えない快晴の日。本当に美しい朝でした。そしてこれが、最後のべランド朝…

  • 3156 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kozybox/yuka-shimoda.jp/public_html/wp/wp-content/themes/one_tcd061/comments.php on line 148