蜜蝋のキャンドルーー至誠の月命日

  1. Family

今日は、昨年の10月26日に亡くなった至誠の月命日です。


日の出と共に起きて、ストーブを焚き、蜜蝋のキャンドルをつけました。


北の住まい設計社で、友人が買ってくれた蜜蝋のキャンドル。一箱20本入りですが、残りは16本になりました。

燃焼時間は約2時間。
この間は至誠と2人きり。


普段は日常の中で、社会との接点を持たなければいけない時間があり、どこか心をセーブしているところがありますか、この日のこの朝だけは、何にも遮られず至誠と語り合う時間です。


今朝は動画を見ることから始めました。毎朝の紅茶を淹れるTea Boyの至誠。おもしろい小話をしてくれる至誠、さっそうと歩いていく至誠。でもいちばん多いのは、おいしいと言って食べている至誠です。そのリアクションは心から食べる喜びを伝えるものばかり。


食べられない時期があり、食べられるものにも制限があり、食べることがこんなにも大変なことなんだと知った入院生活を経て、一時退院の時や、退院してからは、本当に一生懸命食べていました。


去年の今頃の私の日記を読み返してみると、朝昼晩、食べた物が記してあります。


12月25日に臍帯血移植を受け、心待ちにしていた3月19日の退院を間近にして、リハビリを始め、無菌病棟から一般病棟へ移ったのが2月25日でした。


日記には折々の至誠の言葉も記しています。


【2021年2月28日】夜、至誠とFaceTimeで長く話す。「病気になって運がよかったと思うよ」と至誠。ずっと緊張しているとも。至誠が長く耐えてきたことを思う。早く家でゆっくりさせてあげたい。一時退院の時、「タクシーから見えた景色が輝いていた」と。涙が出る。


1度も泣き言を言わず、最後まで弱音をはかなかった至誠。

生きることに前向きで、笑いを忘れなかった至誠。


なんて強い人だったんだろう。


今日2月26日は、2014年に102歳で亡くなった母方の祖母、玉村波江の9回目の命日でもあります。
優しかった祖母と、優しかった至誠と。きっと今頃は2人で、私に向かって微笑んでいるのでしょうね。


今日も東川の雪は静かに心を浄化してくれます。大きな窓の向こうにゆっくりと雲が流れていき、ストーブの炎が暖かく包み込んでくれます。今朝も鳥たちがひまわりの種をついばみにやってきました。

2022年2月26日、夜明け。


ただこれだけのことが、本当に優しい。


たくさん泣いて、思い出して。またこれから1ヵ月生きていける。


蜜蝋のキャンドルが燃え尽きようとしています。
さあ、1日を始めよう。

至誠、大好きだよ。

iPhoneから送信

関連記事

看取りによって、家族は再び家族になる

9月1日、父の野辺の送りをすませました。8月30日の夕方、父は苦しむことなく、静かに逝きました。延命治療をせず、最後は点滴も外し、酸素吸入だけでした。弟と私がふ…

  • 3679 view

愛しいとしか思えないーー自宅療養の日々

朝起きて、まずするのは、家人のバイタルチェック。体温計、パルスオキシメーター、血圧計、体重計は日常の友達。熱がなければ、ホッとするけれど、家人は大抵、起きがけに…

  • 1792 view

至誠の幸せな子供時代

以前から病院にお願いしていたのですが、昨日、至誠の姉が上京し、やっと至誠と面会することができました。せっかくお姉さんが来てくれたのに、至誠はやはり「眠り王子」。…

  • 2810 view

これは「至誠からのギフト」

岐阜から出てきた至誠のお姉さんと、病院に面会に行きました。特別に許可を得て短い時間だけ、お姉さんも至誠に会えることになったのです。至誠は上にお姉さんが2人いて、…

  • 2741 view

移植という「クリスマスのギフト」

12月12日(土)、家人と私は担当医から、急性白血病の今後の治療スケジュールとその内容、それに伴う副作用について、1時間以上に渡って詳しい説明を受けました。2週…

  • 1837 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。