家に帰りたいーー訪問点滴という選択

  1. Family

今日の午後、家人は退院しました。入院から3日目。肺炎は完治には至っておらず、本来ならば、1週間から10日の入院が必要です。けれど、家人は3日が限度、と。

家に帰りたいーー。

家人の強い要望に、担当医は患者さんの心も大切だから、と訪問診療での点滴という方法を提案してくれました。

訪問診療で大丈夫だろうか。私で対応できるだろうか。

そんな不安も、次々とやってくる新しい局面に戸惑いもあります。それでも、私は家人の望むようにしてあげたい、と思いました。

2019年の10月に白血病を発病して以来、家人はこの1年半のほとんどを病院で過ごしてきました。3月に退院してからも、1ヶ月も経たずに再入院を繰り返す日々。68年の人生の中で、決して短くはない時間でした。

病院の看護師さん達の対応には感謝しかありませんが、飲みたい時に温かいお茶も飲めず、病院食を食べ続け、冷房の効きすぎた無味乾燥な病室での時間は、もう耐えられないというのも、当然だと思うのです。

家に戻った家人は、安心したように眠っています。
夕方、訪問看護ステーションの方とクリニックの先生、看護師さんがきて、必要なことを整えてくれました。明日から訪問点滴が始まります。

まだ、食欲はあまりなく、今日もほとんど食べていないのですが、それでも目が覚めて言ったのは「マンゴーが食べたい」。

昨日、沖縄に行った方から届いた果物と野菜の宅急便。そのなかには、立派なマンゴーも! その話をしたら、家人はマンゴーをとても楽しみにしていたのです。

強い生命力を感じる沖縄の野菜と果物。

たくさんは食べられなかったけれど、家人はとても美味しいと言って、マンゴーを口にしました。

夜、新たなうれしいメールが届きました。旭川の知人からで、東川2M houseの庭のサクランボとイチゴを収穫してクール便で送りました、という知らせでした。 

庭からの贈り物。

何と美しいことでしょう。あの庭で育ち、私達を待っていてくれた果実たち。

東川の庭で2人で収穫した気分をちょっとだけでも妄想してくれたら、、、という言葉に、涙が溢れました。


今年は庭のサクランボがなる頃、東川に行きたいねーー家人は3月に退院したとき、そう言っていたのです。残念ながら、自分では収穫できなかったけれど、退院したのでサクランボを味わうことはできます。

北海道の味のサクランボ。


マンゴーといい、サクランボといい、、、本当にたくさんの方が見守り、励ましてくださっている。

そのことに2人とも日々、心から感謝しています。

関連記事

時を刻む「針仕事」ーー病室のポシェット

病室で必要なものは、実際に入院してみて初めてわかるものです。今回は2回めということで、万全を期したつもりだったのですが、やっぱり忘れ物をしました。それはポシェット。…

  • 1796 view

いつか、この冬を愛しむだろう

東川は毎朝のように、こまかな雪が積もりますが、溶けていく雪の方が遥かに多く、雪どけの季節を迎えています。美しかった冬。今度来た時には、この白い景色は見られないだ…

  • 1187 view

幸せな2日間ーー再び、退院

6月4日、家人は念願の退院を果たしました。しかし、度重なる入退院に、二人とも手放しでは喜べず、まだ、半信半疑というのが本当のところです。特に今回は、脳梗…

  • 2080 view

移植という「クリスマスのギフト」

12月12日(土)、家人と私は担当医から、急性白血病の今後の治療スケジュールとその内容、それに伴う副作用について、1時間以上に渡って詳しい説明を受けました。2週…

  • 1845 view

辛い時こそ、暮らしを丁寧に

至誠がICUに入って3日目。知らせがないのは良い知らせ、とはいえ、心休まらない時間が続いています。夜は何度も目が覚め、朝方になってやっと眠る感じです。今朝、担当…

  • 2122 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kozybox/yuka-shimoda.jp/public_html/wp/wp-content/themes/one_tcd061/comments.php on line 148