ずっと私を支えてくれた

  1. Family

昨日、至誠のお姉さん2人が岐阜から来てくれました。夜でしたが、3人で至誠に会うことができました。


至誠はすやすやと寝ていましたが、お姉さんたちの呼びかけに、目をぎゅっとしてくれました。


至誠はいつも私を支えてくれました。


私が就職活動をしていた頃。まだ男女雇用機会均等法もなかった時代です。1981年。


そうでなくても、マスコミの就職は狭き門でした。次々に内定が決まっていく学生たちの中で、私自身はなかなか出版社の試験を受けることさえできない、そんな状態が続いていました。


他の職種を受けようかーーそんなふうに思ったこともあります。その時、至誠が「アルバイトとしてでも入って、出版社で頑張ったら?」と言ってくれました。その言葉がなければ、出版社を諦めていたかもしれません。

フリーランスとして仕事をしている至誠からの励ましは、私に力をくれました。


婦人画報社に入ってからも、至誠はずっと私を支えてくれました。


それぞれが経済的にも精神的にも独立して、夫婦であること。


その私の望みを至誠は受け入れ、認めるだけでなく、暮らしを半分背負ってくれました。至誠はずっとひとり暮らしだったからか、自分のことは自分ででき、洗濯も掃除も料理も淡々とこなしました。


私たちは7歳、年が離れています。至誠は大学のマジックサークルの先輩でした。卒業後、「ナポレオンズ」というチームで、プロのマジシャンとして仕事をしていましたが、マジックサークルにOBとしてよく遊びにきていました。


人の縁、について考えます。


至誠が岐阜から東京に出てこなかったら。私がこの大学を受けなかったら。マジックサークルに入らなかったら。あの時、サークルの勧誘にのらなかったら。
私たちの出会いはなかった、、、。


至誠に出会わなければ、私の人生は全く違ったものになっていたでしょう。出版社にもいかず、自分の居場所を探してさまよっていたかもしれません。


今、しみじみと思うのです。私の人生は、至誠との出会いの中でつくられてきた、と。

尊重し、そして守ってくれた。

そのことに感謝しかありません。
Day6

東川2M houseの庭の葡萄棚。
こんなふうにいつも支えてくれた至誠。

散歩の途中、富ヶ谷のミメで。
カフェに寄って話をするのが楽しみだった。

iPhoneから送信

関連記事

人はすべてを忘れてしまうーー五年日記

2019年の元旦から五年日記をつけています。つけ忘れてしまう日もあるのですが、それでも9割方のページは埋まっています。去年の今日のこと、一昨年の今日のことを毎日…

  • 1044 view

「幸せって他愛ないことだね」

ここ1週間ほどは、FacebookやInstagramの投稿もしていませんでした。家人の帯状疱疹が思いのほかひどく、連日痛みが続きました。眠っている時以外はずっ…

  • 1270 view

家族の退院

7月11日(土)、家人が退院しました。昨年の10月11日に急性白血病で入院してして以来、9ヶ月。コロナのため、1月以降は一時退院もままならず、そのうえ、3月には…

  • 1844 view

至誠の幸せな子供時代

以前から病院にお願いしていたのですが、昨日、至誠の姉が上京し、やっと至誠と面会することができました。せっかくお姉さんが来てくれたのに、至誠はやはり「眠り王子」。…

  • 2065 view

「西洋医学的には・・・」

家人のことは、SNSもブログも1週間以上、アップしていませんでした。心にかけてくださっている皆様にお伝えしようと思っても気が進みませんでした。先週から、家人は帯…

  • 2285 view

うれしい知らせ!ーー「生着間違いなし」

年末からお正月の間もずっと、毎日、家人の病院に行っています。コロナのため面会禁止ですし、そもそも無菌病棟なので直接、会うことはできないのですが、差し入れを看護師…

  • 1164 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。