ずっと私を支えてくれた

  1. Family

昨日、至誠のお姉さん2人が岐阜から来てくれました。夜でしたが、3人で至誠に会うことができました。


至誠はすやすやと寝ていましたが、お姉さんたちの呼びかけに、目をぎゅっとしてくれました。


至誠はいつも私を支えてくれました。


私が就職活動をしていた頃。まだ男女雇用機会均等法もなかった時代です。1981年。


そうでなくても、マスコミの就職は狭き門でした。次々に内定が決まっていく学生たちの中で、私自身はなかなか出版社の試験を受けることさえできない、そんな状態が続いていました。


他の職種を受けようかーーそんなふうに思ったこともあります。その時、至誠が「アルバイトとしてでも入って、出版社で頑張ったら?」と言ってくれました。その言葉がなければ、出版社を諦めていたかもしれません。

フリーランスとして仕事をしている至誠からの励ましは、私に力をくれました。


婦人画報社に入ってからも、至誠はずっと私を支えてくれました。


それぞれが経済的にも精神的にも独立して、夫婦であること。


その私の望みを至誠は受け入れ、認めるだけでなく、暮らしを半分背負ってくれました。至誠はずっとひとり暮らしだったからか、自分のことは自分ででき、洗濯も掃除も料理も淡々とこなしました。


私たちは7歳、年が離れています。至誠は大学のマジックサークルの先輩でした。卒業後、「ナポレオンズ」というチームで、プロのマジシャンとして仕事をしていましたが、マジックサークルにOBとしてよく遊びにきていました。


人の縁、について考えます。


至誠が岐阜から東京に出てこなかったら。私がこの大学を受けなかったら。マジックサークルに入らなかったら。あの時、サークルの勧誘にのらなかったら。
私たちの出会いはなかった、、、。


至誠に出会わなければ、私の人生は全く違ったものになっていたでしょう。出版社にもいかず、自分の居場所を探してさまよっていたかもしれません。


今、しみじみと思うのです。私の人生は、至誠との出会いの中でつくられてきた、と。

尊重し、そして守ってくれた。

そのことに感謝しかありません。
Day6

東川2M houseの庭の葡萄棚。
こんなふうにいつも支えてくれた至誠。

散歩の途中、富ヶ谷のミメで。
カフェに寄って話をするのが楽しみだった。

iPhoneから送信

関連記事

日々の暮らしが人生を支える

夕方、とうとう東川に雪が降りました。例年より2週間遅れの初雪です。音もなく舞い降りてくる白を眺めながら、あの日から、一年たったのだな、と思っていました。初雪はう…

  • 1074 view

介護と仕事のはざまで

命の灯火が消えようとしています。少しずつ少しずつ。深夜、0時過ぎに札幌からタクシーで、定山渓の病院に着きました。一週間ぶりに会った父は、一回り小さくなってい…

  • 2840 view

限りある命を思うーー東川の2M houseの桜

東川に美しい春がやってきました。北国の春はいつも爆発するように一気に花開きます。水仙が咲き、クロックス、スイセン、モクレン、そして桜。この辺では、ソメイヨシノは…

  • 995 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。