ロケ弁と朝焼け

  1. Family

おはよう、新しい1日。

何度も何度も夜中に目が覚め、気づくと窓の外がオレンジ色に染まっていました。早朝ロケや朝一番の飛行機で札幌に介護に通っていたの頃には、よく目にした景色だけれど、ずいぶん久しぶりのように思います。

曙の空に、至誠のことをただ祈った。


ロケ弁当。撮影に同行するときは、5.5合炊きの炊飯器で2回ご飯を炊き、40個のおむすびを作るのがいつものことでした。撮影中は食事をする暇もないスタッフに、コンビニのおむすびばかり食べさせたくない、と思ったのがロケ弁を作るようになったきっかけです。


前日の夜、お米を研いで炊飯器をセットするのも、朝、2度目のお米を炊くのも、いつからか至誠がやってくれるようになりました。


役目を終えると、またベッドに戻る至誠。朝食用に、ロケ弁の一部を取り分けて、至誠の朝食のトレイをつくります。それが、お手伝いのお駄賃でした。


至誠は、私が出かける時には必ず起きてきて、「ご苦労さん」と、いつも労ってくれ、朝早く送り出してくれました。


2時間かかるロケ弁作り。結構、大変ではありましたけれど、いつも、これが最後のロケ弁になるかもしれない、と思って作っていたような気がします。至誠が手伝ってくれたから、続けられたし、スタッフの笑顔がうれしかったからやめようと思ったことはありませんでした。


1冊の本で3回、ロケ弁を作ったとして、年間6冊で18回。13年間で234回。1回40個を作るとすると、9360個のおむすびを作ったことになります。

至誠は勢揃いしたおむすびを
いつも笑顔で見ていた。


秋になり、東川からも新米が届きました。炊飯器にお米を入れながら、そのたびに丁寧に浸水させてご飯を炊いていた至誠を思い出します。


日常の、ごく些細なことほど、記憶は消え難く、不意に立ち上ってきて、ドキリとさせられます。うれしくもあり、辛くもある記憶の数々。


けれど、それはまた、かけがえのない宝物です。
キッチンに立って料理をするーーその当たり前のことが、どんなに「特別なこと」か、、、、。


今日もまた、美しい青空が広がって、まさに撮影日和のよう。この空を至誠に届けたいーーだから、今日も私は散歩に行くのです。
Day4


冬の寒い最中でも、週末の散歩は
私たちの楽しみだった。

関連記事

ずっと私を支えてくれた

昨日、至誠のお姉さん2人が岐阜から来てくれました。夜でしたが、3人で至誠に会うことができました。至誠はすやすやと寝ていましたが、お姉さんたちの呼びかけに、目をぎ…

  • 4998 view

決意ーー入院10日目

家人が、急性白血病で入院してから一年が経ちました。昨年の10月11日。血液検査をして緊急ではないからと帰宅した翌日、急に病院からの電話で呼ばれ、そのまま入院にな…

  • 1569 view

一日一通、手紙を書くーー病室への便り

家人が再入院して5日が経ち、一昨日から抗体療法が始まりました。幸い、今のところ副作用もなく、順調に推移しています。あとはただ、普段通りに過ごすことを心がけるだけ…

  • 1018 view

「今を生きる」ーー小石至誠の今

9月11日、土曜日の朝。6時頃、ふと目が覚めました。そのあとすぐに電話が鳴りました。家人の入院している病院からでした。「すぐに来てください」心臓がドキドキし、倒…

  • 2809 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 2492 view

これは「至誠からのギフト」

岐阜から出てきた至誠のお姉さんと、病院に面会に行きました。特別に許可を得て短い時間だけ、お姉さんも至誠に会えることになったのです。至誠は上にお姉さんが2人いて、…

  • 2057 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。