これは「至誠からのギフト」

  1. Family

岐阜から出てきた至誠のお姉さんと、病院に面会に行きました。特別に許可を得て短い時間だけ、お姉さんも至誠に会えることになったのです。


至誠は上にお姉さんが2人いて、末っ子長男。今回、上京してきたのは2番目のお姉さんです。上のお姉さんは体が弱くて大事にされ、下の弟の至誠は跡取りなので大事にされ、その間ですっかり元気に育ったという2番目のお姉さん。


小さい頃、ビービー泣き虫だった至誠を叱り飛ばしてくれた、威勢のいいお姉さんです。


面会に行った時も、「いつまで寝てるの。早く目をさまさんといかんよ」と喝を入れてくれました。


至誠は眠っているように見えるけれど、口を動かし、まぶたも少しだけ動かしてくれました。お姉さんの声がしっかり聞こえていたのだと思います。


至誠の鼻筋の通った顔は、おじいちゃんの庄太郎さん似だとのこと。


いつも足にゲートルを巻いて鎌を手に持ち、部落の草を刈って歩いたという庄太郎さん。人を笑わせるのが好きだった至誠の性格も、庄太郎さんから引き継いだのかもしれません。

至誠のおじいちゃんの庄太郎さん。
「イケメンだったよ」とお姉さんの言葉。


2番目のお姉さんと至誠は誰が見ても、姉弟とわかります。


至誠が高校生の頃、こたつに入っていたらお姉さんのカツラがあったので、試しにかぶってみたところ、窓の外をお母さんが通り掛かって、すっかり勘違いしてしまい、お姉さんの名前を呼んだのだそうです。至誠は困って、カツラを取り「俺だよ!」と振り向くと、お母さんはびっくり仰天!したそうです。


至誠のお父さんは白寿(99歳)で、きちんとした手紙をくれるくらい今も元気でいます。郵便局の定年退職後始めた書道塾を70過ぎまでやり、95歳まで畑に出ていたというお父さんです。


「お父ちゃんより先に行ったらいかんよ」と、お姉さんは再び、至誠に喝を入れました。


家族ーー連綿と繋がり、離れていても決して切れることのない思い。その記憶に常に新たな記憶を重ねていきながら。

2017年。法事の時のお父さんと至誠。


至誠に家族がいて良かった。


至誠のお姉さんと、たくさんたくさん話をしました。互いに、至誠のことを語り合いました。


お姉さんとのこの時間は、「至誠からのギフト」に違いない、と思いました。


ありがとう、至誠。


たくさんの人が至誠のことを思っているよ。

Day3

至誠の2番目のお姉さん、志壽子さんと。

iPhoneから送信

関連記事

幸せな2日間ーー再び、退院

6月4日、家人は念願の退院を果たしました。しかし、度重なる入退院に、二人とも手放しでは喜べず、まだ、半信半疑というのが本当のところです。特に今回は、脳梗…

  • 1553 view

「今を生きる」ーー小石至誠の今

9月11日、土曜日の朝。6時頃、ふと目が覚めました。そのあとすぐに電話が鳴りました。家人の入院している病院からでした。「すぐに来てください」心臓がドキドキし、倒…

  • 3331 view

時を刻む「針仕事」ーー病室のポシェット

病室で必要なものは、実際に入院してみて初めてわかるものです。今回は2回めということで、万全を期したつもりだったのですが、やっぱり忘れ物をしました。それはポシェット。…

  • 1187 view

壊れやすい「小さな幸せ」

今朝、起きてきた家人が廊下で膝から崩れ落ちるように倒れました。朝食の用意をしていた私はびっくりして駆け寄りました。何とか立ち上がり、歩くこともできましたが、少し…

  • 1980 view

「冬至まで」ーー祈りの朝

今年も、この本を再読しました。もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。…

  • 810 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。