「美しい未来」しか信じないーー満月の夜に

  1. Family

至誠が人工呼吸器をつけてICUに入ってから10日が経ちました。


中秋の名月、満月。今日の月はいつにも増して輝いていました。


何度か雲に隠れそうになりながら、その度に顔を出し、夜半過ぎにはその雲さえもほとんどなくなっていました。


見えないほど、薄くかかった雲に月の光が反射して、虹色の美しいサークルができています。この先、こんなふうに月を眺めることはあるのだろうかと、ふと思いました。


とても長い時間、月に祈っていました。


Facebookにあげたら、たくさんの方たちが一緒に月に祈ってくれました。この思いが届かないはずがない、、、。


一昨日、iPad越しに至誠に会いました。コロナ対応のため直接の面会はできません。けれど病院に行くと、待合室からiPadのFaceTimeで様子を見せてくれます。呼びかけると、瞬きでyesと何度も答えてくれました。


気管挿管し、鼻からも管を入れ、身動きもできず、声も出ない。それなのに一生懸命固く目をつぶって私に意思を伝えてくれる至誠。


私のために生きて。


人生はなんと試練に満ちていることでしょうか。それでも人は生きていかなければならない。


先のことを思うと、不安と恐ればかりが湧いてきて涙が止まりません。


そんな私に友人がかけてくれたのは、「先を考えるのなら、美しい先を想像しましょう」という言葉でした。


「美しい未来」。


その言葉に救われた気がしました。


夜が更けて月は高く高く上り、煌々と空にあります。この夜を、私は決して忘れないでしょう。

友人夫妻から届いた花。
いつも優しく見守っていてくれるふたり。

関連記事

誕生日と再入院

4月5日の私の誕生日に、多くの方からお祝いメッセージを頂戴し、本当にありがとうございました。ひとつひとつのメッセージを拝見し思うのは、こんなにもたくさんの方と繋…

  • 1270 view

介護と仕事のはざまで

命の灯火が消えようとしています。少しずつ少しずつ。深夜、0時過ぎに札幌からタクシーで、定山渓の病院に着きました。一週間ぶりに会った父は、一回り小さくなってい…

  • 1506 view

いつも笑わせてくれる人

5月7日の家人の入院から2週間が経ちました。この間、心配してくださっている方がたくさんいることを知りつつも、どうしてもブログを書く気になれませんでした。脳梗塞…

  • 1210 view

ロケ弁と朝焼け

おはよう、新しい1日。何度も何度も夜中に目が覚め、気づくと窓の外がオレンジ色に染まっていました。早朝ロケや朝一番の飛行機で札幌に介護に通っていたの頃には、よく目…

  • 698 view

「冬至まで」ーー祈りの朝

今年も、この本を再読しました。もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。…

  • 613 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。