痛みに耐えて

  1. Family


旭川出張から戻ってきた翌日のこと。家人が背中が痛い、というので見てみると、小さなポツポツが、、、もしや、帯状疱疹では?


最近、友人が帯状疱疹にかかり、詳しく症状を聞いていました。早く薬を飲まないと長引く可能性があるということも。


そこで、すぐに病院に電話し、翌日、皮膚科を受診しました。その時は、衣服が擦れると痛い、という程度でしたが、小さな水疱もでき始めており、「帯状疱疹ですね」と1分もかからず医師は断言。その日は飲み薬と塗り薬を処方され、帰宅。


冷えると痛みが増すとのこと。お風呂に入ることは奨励します、とのことだったので、家人はゆっくりとバスタブに浸かって温まり、その日は就寝しました。


ところが!昨日になって、痛い、痛いを連発。痛さのあまり、顔をしかめ、夕食にも手がつけられず。もらっていた鎮痛剤を飲んでなんとかしのぎましたが、見ているだけは本当に辛い。


今日は以前から決まっていた血液内科の外来受診で、再び病院へ。

行く途中も、着いてからも、ずっと痛みが続き、ついには待合室のベンチにダウン。看護師さんが「どうしました?」と慌てて飛んできました。


すぐに、担当医が来てくれ、痛み止めの点滴。血液検査の結果、血小板も足りないということで、輸血も。家人は処置室の小さなベッドに3時間半あまり横たわっていました。


その間に、私はiPhoneで病院からリモート会議。?


帰宅するタクシーの中でも、2つめのリモート会議。?


点滴効果で痛みは急激に減少し、夕食には頂き物のうどんをパクパク食べる家人でした。

そして、お夜食には頂き物の大粒ブルーベリーと神戸のバームクーヘンを。


しかし、痛みはまだ残っているので、今も鎮痛剤を服用しています。


臍帯血移植からもうすぐ半年。免疫力が落ちているため、帯状疱疹になる人も多いのだそうです。


痛みがなく、食事ができることって、幸せ。


今は、ひとつひとつ、目の前の笑顔を積み重ねていければ、と思います。

iPhoneから送信

関連記事

延命治療はしない

2019年8月28日、父は痰が絡んでひどく咳き込み、苦しんでいました。間質性肺炎が悪化し、肺に痰がたまっていきます。看護師さんが「痰を取っていいですか?…

  • 2813 view

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 5387 view

「いつも何度でも」ーー父を想う

去年の今日、9月1日は、父の野辺送りの日でした。多くの方にとって、親の死は初めての経験だと思います。私もそうでした。母の時は父がいた。でも父の時は、私が…

  • 1970 view

この2日間

10月4日(月)、至誠はICUから一般病棟に移りました。ICUに入って3週間。気管切開を経て、容体の急変の可能性は少なくなった、という判断での移動ですが、人工呼吸器もそ…

  • 2362 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。