父がくれた夏休み

  1. Family

父が急に食事を取らなくなったーーと病院から連絡があり、札幌の郊外、定山渓病院へ。

8月の初めに、療養型の病院に転院したばかり。

着いたのが深夜だったので、そのまま父の病室に小さなベッドを置いてもらいました。

ちょうどお盆期間で、会社の社休日などもあり、一週間は父のそばにいられます。

食べることは、生きること。

父が食べないというのは、もう生きたくないということ。

だからとても心配しました。

幸い、少しずつ食が戻り、ほっと一息。

札幌市内の実家に帰っても、毎日、2時間近くかけて通ってくることになります。

こんなふうに父と一緒の時間は、もうないかもしれない、と心のどこかで思い、病院に泊まることにしました。

周囲には温泉ホテルがたくさんありますが、父と同じ病室に居たかった。

よし、毎日、日帰り温泉に行こう。

宿泊は病室なので、一泊¥250(ベッドと布団レンタル代)。

これは「父がくれた夏休み」。

そう思うことにしました。

介護は長期戦で、正解もありません。

いつも起きたことに精一杯対応するしかないし、大抵の場合は、そばにいてあげることしかできません。

家族にとって精神的にとても重いことです。

実際に付き添っていると、時間があるようで細切れにしかなく、いつ父に呼ばれるかわかりません。

そんな中で、仕事に向き合うことは難しいと、すぐに気づきました。

そもそも介護のモードと仕事のモードは正反対。

介護はゆっくり、ゆったり、静かに。

合理的に、優先順位を決めて片付ける仕事モードとは、絶対に相容れないのです。

だから、あるときから、付き添っているときは仕事のことは最少限のメール程度にとどめることにしました。

父と一緒にいられる時間は間違いなく、限られているのだから。

父は完全看護の療養型の病院にいて、個室でケアしてもらっています。

私と弟は、一週間に一度、どちらかが東京から来るようにしています。

もっと厳しい介護の方はたくさんいると思うし、私の経験などとてもささやかなものかもしれません。

それでも、今、介護に向き合っている方、これからそれが予想される方(ほとんどの方がそうだと思う)に、私の経験が少しでもお役に立てば、と思います。

次回は、私の「介護の工夫」を書いてみることにします。

私の結婚式の写真をじっと見つめる父。
私、23歳。父、51歳。

関連記事

小石至誠の40日ーーあの声を聞きたい

至誠が肺炎で9月9日に入院して40日以上が経ちました。9月11日には気管挿管してICUへ。声が出せなくなりました。私が聞いたその前の至誠の声は、「結花ちゃん。青…

  • 2924 view

延命治療はしない

2019年8月28日、父は痰が絡んでひどく咳き込み、苦しんでいました。間質性肺炎が悪化し、肺に痰がたまっていきます。看護師さんが「痰を取っていいですか?…

  • 2310 view

春のご褒美、木蓮の花ーー至誠の月命日に

毎月、26日の至誠の月命日には、東川にいることにしています。ここでゆっくりと至誠と向き合いたいからです。昨日は4時に起き、庭のビストロチェアに座って日の出を眺め…

  • 591 view

「確信」の力

宮本輝の「命の器」という本を読み返していて、救われる文章に出会いました。「優駿」という小説を連載していた宮本輝は、何人かの調教師や騎手に取材をします。その中で、…

  • 1040 view

いつか、この冬を愛しむだろう

東川は毎朝のように、こまかな雪が積もりますが、溶けていく雪の方が遥かに多く、雪どけの季節を迎えています。美しかった冬。今度来た時には、この白い景色は見られないだ…

  • 725 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。