父の90歳の誕生日

  1. Family

今日、5月8日は、2年前に亡くなった父の90歳の誕生日。この日を一緒に迎えたかったと心から思う。

この写真は、2017年。一緒に上った札幌の藻岩山のレストランで。たった1度だけの藻岩山だった。

86歳だった父と。

父は高いところから景色を眺めるのが好きで、だから、父と一緒によく高い場所へ行った。


札幌のホテルの回転する展望レストラン。札幌駅の上のスカイタワー。函館の五稜郭タワー。そして藻岩山。振り返ってみれば、いつもたった1度きりの時間だった。


あの時間、あの天気、あの会話。


新しくなった藻岩山の展望レストランは一度、行ってみたいと父が言っていたが、なかなかタイミングが合わず、この日、思い切って出かけたのだった。

当時、父はすでに酸素療法をしており、いつも「お供」と呼んでいた酸素ボンベを引っ張って歩く状態だった。ロープウェーとは言え、高所に登るのはかなり体力的にもきつかったのではないかと思う。けれども父は、どんな時も一言も辛いと言うことを口にしたことはなかった。


この日は運良く窓際のテーブルに座ることができた。キノコのスープパイ包み焼きを、おいしいおいしいと言って食べていた父を思い出す。


レストランの窓際で撮ったこの写真を、父はずっと自分のiPadの待ち受け画面にしていた。


時は刻々と過ぎていく。同じ瞬間は二度と巡ってこない。


だから、この時間を大切に。

今日を大切に。

関連記事

家に帰りたいーー訪問点滴という選択

今日の午後、家人は退院しました。入院から3日目。肺炎は完治には至っておらず、本来ならば、1週間から10日の入院が必要です。けれど、家人は3日が限度、と。家に帰り…

  • 2010 view

待ちわびた退院

3月19日、家人は予定通り、病院の血液内科を退院しました。10月5日の入院から半年。12月25日の臍帯血移植から3ヶ月。この間、GVHDの症状が酷く、とても厳し…

  • 2794 view

「冬至まで」ーー祈りの朝

今年も、この本を再読しました。もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。…

  • 1616 view

人はなぜ、生き急ぐのだろう

38年間、第一線で仕事をしてきました。5年前までは、編集者として。そしてこの5年間はもっと広い意味で、豊かに美しく暮らすことの意味を伝える立場として。力任せに駆…

  • 2515 view

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 5387 view

どんな時にも笑いはあるーー再入院の中で

家人の再入院に、多くの方からたくさんのエールを頂きました。本当にありがとうございます。二人とも、その言葉がどれほど力強かったことか・・・。感謝の気持ちでいっぱいです。…

  • 3506 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。