父の90歳の誕生日

  1. Family

今日、5月8日は、2年前に亡くなった父の90歳の誕生日。この日を一緒に迎えたかったと心から思う。

この写真は、2017年。一緒に上った札幌の藻岩山のレストランで。たった1度だけの藻岩山だった。

86歳だった父と。

父は高いところから景色を眺めるのが好きで、だから、父と一緒によく高い場所へ行った。


札幌のホテルの回転する展望レストラン。札幌駅の上のスカイタワー。函館の五稜郭タワー。そして藻岩山。振り返ってみれば、いつもたった1度きりの時間だった。


あの時間、あの天気、あの会話。


新しくなった藻岩山の展望レストランは一度、行ってみたいと父が言っていたが、なかなかタイミングが合わず、この日、思い切って出かけたのだった。

当時、父はすでに酸素療法をしており、いつも「お供」と呼んでいた酸素ボンベを引っ張って歩く状態だった。ロープウェーとは言え、高所に登るのはかなり体力的にもきつかったのではないかと思う。けれども父は、どんな時も一言も辛いと言うことを口にしたことはなかった。


この日は運良く窓際のテーブルに座ることができた。キノコのスープパイ包み焼きを、おいしいおいしいと言って食べていた父を思い出す。


レストランの窓際で撮ったこの写真を、父はずっと自分のiPadの待ち受け画面にしていた。


時は刻々と過ぎていく。同じ瞬間は二度と巡ってこない。


だから、この時間を大切に。

今日を大切に。

関連記事

春のご褒美、木蓮の花ーー至誠の月命日に

毎月、26日の至誠の月命日には、東川にいることにしています。ここでゆっくりと至誠と向き合いたいからです。昨日は4時に起き、庭のビストロチェアに座って日の出を眺め…

  • 632 view

至誠の幸せな子供時代

以前から病院にお願いしていたのですが、昨日、至誠の姉が上京し、やっと至誠と面会することができました。せっかくお姉さんが来てくれたのに、至誠はやはり「眠り王子」。…

  • 2437 view

看取りによって、家族は再び家族になる

9月1日、父の野辺の送りをすませました。8月30日の夕方、父は苦しむことなく、静かに逝きました。延命治療をせず、最後は点滴も外し、酸素吸入だけでした。弟と私がふ…

  • 3275 view

「幸せって他愛ないことだね」

ここ1週間ほどは、FacebookやInstagramの投稿もしていませんでした。家人の帯状疱疹が思いのほかひどく、連日痛みが続きました。眠っている時以外はずっ…

  • 1512 view

至誠の故郷にてーー葬儀

11月6日、土曜日。至誠の故郷の岐阜で、近親者による家族葬を営みました。おねえさんと家族、至誠の甥や姪、その子供たち。そして、99歳のおとうさんも施設から来てく…

  • 2330 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 2958 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。