「一緒にいてくれること」だけでいい

  1. Family

家人が退院して2週間が経ちました。

この間、一度、外来受診をしましたが、血液検査の結果は良好とのこと。食欲もあり、洗濯やお風呂洗いなど、以前こなしていた家事もリハビリと称して少しずつ、手伝ってくれるように。


とは言っても、まだまだ体調の波はあります。
臍帯血移植を受けて、3ヶ月しか経っていないのです。自分の造血細胞をゼロにして、他の人の細胞を入れるということの意味が、今になってやっとわかってきました。


古い爪はまったく成長せず、二枚爪のようになり、下に新しい爪が少しずつ生えてきています。
皮膚も古い角質がボロボロになってなって剥がれました。


医師から言われた、再入院の基準である、38℃以上の熱や2日以上の下痢といった症状はなくても、疲れやすく、日に何度もうたた寝してしまいます。


きちんと三食食べていても、体重は減り続け、退院時より3キロ近く痩せました。免疫抑制剤の影響で、筋肉がつきにくいということは聞いていましたが、毎朝、体重計を見るたびにドキドキします。


それでも、移植後は味がわからなくなるという人も多い中、味覚も好みも変わらず、美味しく食べることができるのは救いです。


以下はこの2週間の食事の一部。

チーズトースト、オムレツ。
豚しゃぶ。
鮭の玄米おむすび、卵入り野菜スープ。
ポークソテー。
トリの竜田揚げバーガー。
トマトソースパスタ。
つみれ素麺。


ここ数日、お腹の調子が今ひとつで、こうした写真の半分くらいしか食べられないのですが、、、。


明後日、4月5日は私の誕生日。
「レストランも伊勢丹も行けないね」と家人。

今は一緒に食事ができるだけでいい。


部屋の中にいてくれるだけでいい。


同じソファに座り、映画を観ているだけでいい。


贈り物は「一緒にいてくれること」ーー今はそれだけで充分に幸せです。

桜散歩が叶った日に。

iPhoneから送信

関連記事

家に帰りたいーー訪問点滴という選択

今日の午後、家人は退院しました。入院から3日目。肺炎は完治には至っておらず、本来ならば、1週間から10日の入院が必要です。けれど、家人は3日が限度、と。家に帰り…

  • 1772 view

「いつも何度でも」ーー父を想う

去年の今日、9月1日は、父の野辺送りの日でした。多くの方にとって、親の死は初めての経験だと思います。私もそうでした。母の時は父がいた。でも父の時は、私が…

  • 1564 view

延命治療はしない

2019年8月28日、父は痰が絡んでひどく咳き込み、苦しんでいました。間質性肺炎が悪化し、肺に痰がたまっていきます。看護師さんが「痰を取っていいですか?…

  • 2406 view

「ゆるやかな家族」

入院すると、本人は途端に社会と遮断されます。どんなに親しい関係でも、病院で真っ先に聞かれるのは「ご家族の方ですか?」という言葉。本人がFaceTimeやSN…

  • 2132 view

38回目の結婚記念日の贈り物

「家族の入院」というタイトルで初めて家人の急性白血病のことを書いたのは、去年の3月12日のことでした。家族の入院→http://yuka-shimoda.jp/…

  • 1896 view

無菌病棟から一般病棟へ

2月24日、今日、家人は無菌病棟から一般病棟に移りました。12月半ばから二ヶ月余り。その間、12月25日に臍帯血移植。1月のお正月を過ぎたあたりからどん…

  • 1216 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。