父と母の椅子ーーモーエンス・コッホのフォールディングチェア

  1. Family

雨も風も強い、春の嵐のような朝。室温は20度を下りませんが、それでも少し火が恋しくなって、薪ストーブをつけました。窓の外の桜と薪ストーブ。北国ならではのコントラストです。

春の薪ストーブ。桜と共に。


昨日は従姉妹に運転してもらって、車で札幌まで日帰りしました。


父が亡くなって、すぐに至誠の白血病が発覚。コロナもあり、至誠が入退院を繰り返す中で、実家の片付けには全く手がつけられませんでした。

今回はごく一部の大切なものだけ東川の家に持ち帰りました。その1つが、モーエンス・コッホのフォールディングチェア(折りたたみ式の椅子)です。


この椅子を両親にプレゼントした時、「きれいな椅子ねえ」と言った母の言葉が忘れられません。冬はこの椅子に座って、ストーブの前で温まっていた母の背中が、今でも目に浮かんできます。

母のお気に入りの椅子だった。


母が亡くなった時、駆けつけてくれた母の弟である叔父は、母の写真の前でこの椅子に座ってうなだれ泣いていました。

父と札幌のモエレ沼公園にピクニックに行った時も、この椅子を車に積んで行きました。下に座ることが難しかった父は、芝生に置いたこの椅子のおかげで、心地よく数時間を過ごすことができました。9月の末の暖かい日でした。サンドイッチを食べながら、雲を眺めました。トンボが飛んできて、父の帽子に止まりました。穏やかで幸せな時間でした。

2018年9月。
父とモエレ沼公園で。



何度か父が入院したときは、この椅子を病室に持ち込んでいました。病院の椅子はとても硬くて座りにくく、長時間座っていると腰が痛くなります。折り畳みの椅子なので場所をとらず、狭い病室でも置いておくことができ、私もゆっくりと父のそばで語り合うことができました。


父の最後を弟と2人で看取った時も、この椅子はベッドの傍にありました。


北海道で大きな地震があったとき、母の写真のそばの花瓶が倒れてその水が座面にかかり、大きなシミができてしまいましたが、それも家族の時間の一部です。


場所が変わっても、家が変わっても、椅子は人生を供にしてくれる存在です。


15年ほど前、デンマークに取材に行った時、クヴァドラの創業者の老夫妻がサマーハウスに招いてくれました。海辺の可愛らしい家で、そこには専用のスタンドに美しく収まったモーエンス・コッホのこの椅子がありました。それを見た時からいつか自分の家にと思っていた椅子でした。


両親との時間を経て、これからは東川2M houseで、この椅子は時間を重ねていきます。

デンマークのデザイナー、
モーエンス・コッホのフォールディングチェア。
簡単に折り畳め、軽いのも魅力。

関連記事

7days book cover Challenge 【5…

<5> 「小さな家」(ル・コルビュジエ) 「小さな森の家」(吉村順三)ーー「心地良い居場所」7days book cover chareng…

  • 948 view

人は記憶と共に生きていく

9月30日、至誠は気管切開のオペを受けました。気管挿管し人工呼吸器をつけてICUに入って2週間以上経っています。まだ完全には自力呼吸ができない中、本人への負担を減らし、…

  • 2053 view

今日を淡々と誠実に生きたか?

朝、目が覚めた時、夢を覚えていることはありますか。私はほとんどないのですが、今朝は珍しく夢の最中に目が覚めました。至誠がエア鳩出しをしているのを見て(何も道具を…

  • 2018 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。