父と母の椅子ーーモーエンス・コッホのフォールディングチェア

  1. Family

雨も風も強い、春の嵐のような朝。室温は20度を下りませんが、それでも少し火が恋しくなって、薪ストーブをつけました。窓の外の桜と薪ストーブ。北国ならではのコントラストです。

春の薪ストーブ。桜と共に。


昨日は従姉妹に運転してもらって、車で札幌まで日帰りしました。


父が亡くなって、すぐに至誠の白血病が発覚。コロナもあり、至誠が入退院を繰り返す中で、実家の片付けには全く手がつけられませんでした。

今回はごく一部の大切なものだけ東川の家に持ち帰りました。その1つが、モーエンス・コッホのフォールディングチェア(折りたたみ式の椅子)です。


この椅子を両親にプレゼントした時、「きれいな椅子ねえ」と言った母の言葉が忘れられません。冬はこの椅子に座って、ストーブの前で温まっていた母の背中が、今でも目に浮かんできます。

母のお気に入りの椅子だった。


母が亡くなった時、駆けつけてくれた母の弟である叔父は、母の写真の前でこの椅子に座ってうなだれ泣いていました。

父と札幌のモエレ沼公園にピクニックに行った時も、この椅子を車に積んで行きました。下に座ることが難しかった父は、芝生に置いたこの椅子のおかげで、心地よく数時間を過ごすことができました。9月の末の暖かい日でした。サンドイッチを食べながら、雲を眺めました。トンボが飛んできて、父の帽子に止まりました。穏やかで幸せな時間でした。

2018年9月。
父とモエレ沼公園で。



何度か父が入院したときは、この椅子を病室に持ち込んでいました。病院の椅子はとても硬くて座りにくく、長時間座っていると腰が痛くなります。折り畳みの椅子なので場所をとらず、狭い病室でも置いておくことができ、私もゆっくりと父のそばで語り合うことができました。


父の最後を弟と2人で看取った時も、この椅子はベッドの傍にありました。


北海道で大きな地震があったとき、母の写真のそばの花瓶が倒れてその水が座面にかかり、大きなシミができてしまいましたが、それも家族の時間の一部です。


場所が変わっても、家が変わっても、椅子は人生を供にしてくれる存在です。


15年ほど前、デンマークに取材に行った時、クヴァドラの創業者の老夫妻がサマーハウスに招いてくれました。海辺の可愛らしい家で、そこには専用のスタンドに美しく収まったモーエンス・コッホのこの椅子がありました。それを見た時からいつか自分の家にと思っていた椅子でした。


両親との時間を経て、これからは東川2M houseで、この椅子は時間を重ねていきます。

デンマークのデザイナー、
モーエンス・コッホのフォールディングチェア。
簡単に折り畳め、軽いのも魅力。

関連記事

「確信」の力

宮本輝の「命の器」という本を読み返していて、救われる文章に出会いました。「優駿」という小説を連載していた宮本輝は、何人かの調教師や騎手に取材をします。その中で、…

  • 1040 view

「今を生きる」ーー小石至誠の今

9月11日、土曜日の朝。6時頃、ふと目が覚めました。そのあとすぐに電話が鳴りました。家人の入院している病院からでした。「すぐに来てください」心臓がドキドキし、倒…

  • 3560 view

「ゆるやかな家族」

入院すると、本人は途端に社会と遮断されます。どんなに親しい関係でも、病院で真っ先に聞かれるのは「ご家族の方ですか?」という言葉。本人がFaceTimeやSN…

  • 2027 view

小石至誠の四十九日、そして雪の中で

2週間ぶりの東川ではどっさり雪が降り、白銀の世界になりました。ここにいた5日間。私はずっと雪を見ていたような気がします。ライトアップされ…

  • 1441 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。