至誠と、東川にて。

  1. Family


至誠が逝って1週間後。私は至誠と東川の家につきました。


一緒に行こうね、と日々言い交わした東川2M house。それを楽しみに頑張っていた至誠を思うと、涙が溢れてきます。


2年間の闘病中、抗がん剤治療や移植の後遺症、帯状疱疹や歩行不全など、多くの局面がありました。しかし、至誠は一度も泣き言を言ったり、嘆いたりすることはありませんでした。どんな時も前向きに、淡々と受け止め、笑いを忘れず、私を労ってくれました。


今も、私はそんな至誠を心から尊敬しています。


東川の家は私たちを大きく温かく包み込んでくれました。ゴロゴロソファに座って、コロニアルチェアに座って、ダイニングの椅子に掛けて、窓からの景色を飽きず眺め続けました。木々は黄金色に輝き、北国の晩秋は息を呑むほど美しい。

至誠がいる場所として作ったゴロゴロソファ。


至誠と一緒にいるという安心感と共に、自然が柔らかく私たちを受け止め、守ってくれていると感じました。


今回、東川へは友人のMさんが付き添ってくれ、家の準備から食事の支度まで手伝ってくれました。3月に竣工はしたものの、看病でほとんど行くことができず、鍋も器もない状態。最低限のものを揃えるだけで、かなりの労力が必要でした。だから、彼女の同行の申し出は本当にありがたいことでした。


ある朝、早く目覚めると、窓の外は朝靄がかかっていました。早起きのMさんが薪ストーブに火を入れてくれていました。

朝靄と薪ストーブ。美しいコラボレーション。


至誠の役目だった火起こしも、これからは私がやらなくては。車の運転も、自分でしなくては。今までたくさんのことを至誠に頼り、それを当たり前のこととして生きてきたけれど、これからは1人で立っていかなくては。


でも、私にはこの家がある。


至誠が残してくれた東川の家。ここは自然に恵まれているだけでなく、至誠と通った間に出来上がった、東川の人たちとの温かい交流がありました。多くの方が至誠の訃報を知っており、優しく迎えてくださいました。


東京での生活に変わりはありませんが、第二の故郷、と至誠も言っていた東川で、私は第二の人生を生きようと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

夫・小石至誠の逝去に際し、多くの皆様から頂きましたご厚情に、深く感謝申し上げます。頂いたメッセージやお手紙、弔電にお返事できておらず、申し訳ございません。


人生の一部であった人の喪失は現実として受け止めるには大きすぎ、今は自分を支え、日々を送ることで精一杯でおります。

しばらくの間、少しずつ新しい暮らしを作り上げていく時間を頂ければと存じます。


ありがとうございました。


下田結花

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

東川2M houseは、「2人とみんなの家」。

関連記事

「いつも何度でも」ーー父を想う

去年の今日、9月1日は、父の野辺送りの日でした。多くの方にとって、親の死は初めての経験だと思います。私もそうでした。母の時は父がいた。でも父の時は、私が…

  • 1279 view

38回目の結婚記念日の贈り物

「家族の入院」というタイトルで初めて家人の急性白血病のことを書いたのは、去年の3月12日のことでした。家族の入院→http://yuka-shimoda.jp/…

  • 1499 view

誕生日と再入院

4月5日の私の誕生日に、多くの方からお祝いメッセージを頂戴し、本当にありがとうございました。ひとつひとつのメッセージを拝見し思うのは、こんなにもたくさんの方と繋…

  • 1682 view

至誠の幸せな子供時代

以前から病院にお願いしていたのですが、昨日、至誠の姉が上京し、やっと至誠と面会することができました。せっかくお姉さんが来てくれたのに、至誠はやはり「眠り王子」。…

  • 2154 view

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 4309 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。