【東川プロジェクト】「少ないことは豊かなこと」ーー初夏の庭で

  1. Lifestyle

3時間おきの痛み止めの投薬。家人の帯状疱疹はまだ激しい痛みが治らず、2人とも毎夜、切れ切れの眠りの日々です。


朝、目が覚めて、ベランダに出ました。外にはいつもと変わらず、たくさんのビルが並んでいます。
目が緑を求めて彷徨いました。


東川の庭が浮かび、ああ、あそこに行きたいと心がつぶやきます。


昨年の6月20日は、東川プロジェクトの地鎮祭でした。草高く覆われた土地での、東川神社の神主さんの祝詞を思い出します。1年という時間は、何もなかった場所に、「2人とみんなの家=東川2M house」を実現してくれました。

中央の大きな木が桜。
まだ何もない敷地。



6月13日、14日は、アルフレックスのウェビナー収録で、旭川の上野ファームに行きました。上野ファームはルピナスの花が咲き乱れ、風に吹かれてのウェビナーは本当に気持ちよくて、これは神様のギフトだ、と思いました。

左から、アルフレックス社長・保科卓さん、上野ファームのオーナー・デザイナーの上野砂由起さん、
私の3人でお送りしたウェビナー。
アウトドアリビングの楽しみ方について語りました。

その日はひとり東川の家に泊まりました。2度目のお泊まりです。4月に訪れた時は、朝、雪が降り、庭も冬枯れの様子でした。けれど、この日の庭は、春を過ぎ、初夏の景色になっていました。


家に着いたのは、夕方、5時。まだ陽は高く、田植えを終えて間もない田んぼの水鏡がキラキラと光っています。


一面に生えたマーガレットの白、その中にアクセントのようにオリエンタルポピーの赤が混ざっています。いちごやさくらんぼも、緑の実をたくさんつけていました。

さくらんぼの実。


ベランダに出て、RODAのソファに座り、信じられないような美しい景色に浸りました。


家の中にも、大きな開口から庭や周囲の田んぼが入り込み、室内にいながらにして、外のようです。マーガレットを少し摘んで、カルティオのグラスに飾りました。




特別なものは何もいらない。


ここでは、少ないことがとても豊かです。それを、心から信じることができました。


翌日の朝はテラスで簡単な朝食をとりました。こうして、ここで朝ごはんを食べることを何度、思い描いたことか。


帰宅して、1週間ほど経ち、草刈りをしてくれている方から、庭の写真が届きました。マーガレットはいっそう勢いを増し、オリエンタルポピーの赤で、庭の一角が染まっています。

オリエンタルポピーは蕾の姿も可愛い。


次々に自然に生えてくる花たち。次に行った時には、全く違った景色になっていることでしょう。その日々の変化を、2人で眺めて暮らせたら、、、。


今、望むことはただそれだけなのです。

iPhoneから送信

関連記事

ここは「暮らし方を経験する家」

至誠のおねえさん達の、東川2M houseでの滞在を話すと、多くの方が「疲れたでしょう?」と労ってくれるのですが、そんなことはありません。疲れたとしたら、それは車の運転…

  • 1554 view

「ささやかなこと」の重さ

今朝、いつものように朝食を用意して、8時にFaceTimeをつなぐと、家人はまだベッドに横になっていました。点滴が逆流して、点検してもらったとのこと。しばらく様子を見る…

  • 1423 view

【東川プロジェクト】窓が入った!

1月14日、今年初めて、東川の現場に行った建築家の森山さんとスタッフの杉本さんから、たくさんの写真がLINEで送られてきました。これが雪庇(せっぴ)!屋…

  • 2222 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。