誕生日と再入院

  1. Family

4月5日の私の誕生日に、多くの方からお祝いメッセージを頂戴し、本当にありがとうございました。

ひとつひとつのメッセージを拝見し思うのは、こんなにもたくさんの方と繋がっているのだということ。皆さんに、支えられ、励まされ、見守られているということに、改めて気づくのです。

誕生日のお祝いに頂いたブーケ。

友人から、東川にもモリーにも
ぴったりのプレゼントが届いた。


誕生日とは、自分が生を受けたそのことに感謝する日だと、何かで読んだことがあります。


今、ここにいる、ということの奇跡。


3年前から、5年日記をつけています。同じ日付のところに1年ごとの日々が並んでいきます。


2019年4月5日「喜びと悲しみに満ちた日だった」
多くの方からのお祝いと、ミラノサローネツアーのランチと、インテリアセミナーと、バースデーディナーと。そしてこの日、父が入院しました。


2020年4月5日「何のイベントもない1人のバースデイ」
特別な日にしようと決め、ハーブを植え、スコーンを焼き、特別な器でお茶の時間を持ちました。


2021年4月5日「至誠と一緒の誕生日だった」
誕生日らしいことは特別なくても、家人と一緒にいられることが一番のプレゼントでした。


3年という時間はなんて大きな変化をもたらすのでしょう。流れていく日々を丁寧に掬い取っているつもりでも、ふと振り返って見るとその大きな変化に戸惑いさえ覚えます。


すでに父は亡く、家人は闘病の中にあります。3年前には思いもしなかった。


そして、今日。

家人は虎の門病院に再入院しました。


数日前からお腹の調子が悪いと、食欲もなく、少し動くと息が乱れる状態に。


今日は予定されていた外来受診でした。血液検査の結果、腎臓の数値が悪く、脱水症状と食事摂取不良ということで、担当医に検査も兼ねての短期入院を強く勧められました。


家人はエッ!と驚き、がっかりしていましたが、機を逸すると入院が長くなると聞き、そのまま入院することに。


直後のCT検査では肺の異常はないとのこと。少しだけホッとしました。


2週間の予定ですが、「短期決戦でいきましょう」という医師の言葉に勇気づけられています。


まだまだ、GVHDの影響もある臍帯血移植から102日目の再入院。
今はただ、誕生日に一緒にいてくれてありがとう、という気持ちでいっぱいです。


誕生日の朝食はフレンチトーストにした。

3年前の誕生日は満開の桜だったが、
今年は早くもモッコウバラが満開に。

関連記事

【東川プロジェクト】窓が入った!

1月14日、今年初めて、東川の現場に行った建築家の森山さんとスタッフの杉本さんから、たくさんの写真がLINEで送られてきました。これが雪庇(せっぴ)!屋…

  • 836 view

意志の力、家の力ーーリハビリの日々

家人が退院して3日が経ちました。帰宅した当初は、一人で立ち上がることもままならず、立つこと、歩くことができない状態でした。急遽、介護保険を申請し、最小限の仮設の…

  • 822 view

父の90歳の誕生日

今日、5月8日は、2年前に亡くなった父の90歳の誕生日。この日を一緒に迎えたかったと心から思う。この写真は、2017年。一緒に上った札幌の藻岩山のレストランで。…

  • 512 view

言葉には力があるーー不確かな時間の中で

仕事をしていると、半年後、一年後の予定を当たり前のように入れています。その日が来ることは間違いのない事実と仮定して。けれど、もちろん、確実な予定などありません。…

  • 661 view

壊れやすい「小さな幸せ」

今朝、起きてきた家人が廊下で膝から崩れ落ちるように倒れました。朝食の用意をしていた私はびっくりして駆け寄りました。何とか立ち上がり、歩くこともできましたが、少し…

  • 1080 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。