「冬至まで」ーー祈りの朝

  1. Family

今年も、この本を再読しました。


もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。


「冬至まで」(ロザムンド・ピルチャー)
出版されたのは2000年。おそらくピクチャーの最後の長編だと思います。


この本は私にとって、再生の物語。
毎年読み返すたびに、心に残る言葉は違い、その時々の自分を反映しているようにも思います。


今年心にとまった言葉は、この言葉でした。

「冬至まで」(ロザムンド・ピルチャー 作 中村妙子 訳)


妻と子を失い、喪失から立ち直れないオスカーに、牧師のピーターはこう語りかけます。


「人生は甘美です」とピーターは続けた。「痛みを超えたところで、人生は甘美なまま続いていきます。基本的なものはそのままなのです。うつくしいもの、おいしい食物、友情、愛と理解の泉は。」(「冬至まで」より)


今日は冬至。日の出を見たくて早く起きました。
雲ひとつない空が次第にオレンジ色に染まっていき、ある瞬間に室内の壁が鮮やかに色づきました。

日の出でした。


今日から昼が少しずつ長くなっていきます。時は春に向かっていくのです。


春。

それは家人が日常の生活に戻れる日。

私たちが東京と東川を行き来して暮らせるようになる日。

FaceTime越しではなく、当たり前に一緒にご飯を食べられる日。


臍帯血移植の日まであと5日。冬至の朝は、祈りの朝でもありました。

関連記事

「明日も来るからね」

最近、あまり長く眠れなくなりました。寝ても2時間起きくらいに目覚め、目覚ましが鳴る前に起きてしまいます。今日のようなどんよりとした朝は、とても苦手。家にいると鬱…

  • 2039 view

「確信」の力

宮本輝の「命の器」という本を読み返していて、救われる文章に出会いました。「優駿」という小説を連載していた宮本輝は、何人かの調教師や騎手に取材をします。その中で、…

  • 1009 view

かけがえのない家族ーー母の命日に

1月24日は、母の命日でした。冷たい雨の降る東京で、私はひとり、朝からキャンドルをつけ、1日中その灯を切らさずに静かに過ごしました。キャンドルの灯りが目…

  • 1295 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 2803 view

いつも笑わせてくれる人

5月7日の家人の入院から2週間が経ちました。この間、心配してくださっている方がたくさんいることを知りつつも、どうしてもブログを書く気になれませんでした。脳梗塞…

  • 1682 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。