「冬至まで」ーー祈りの朝

  1. Family

今年も、この本を再読しました。


もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。


「冬至まで」(ロザムンド・ピルチャー)
出版されたのは2000年。おそらくピクチャーの最後の長編だと思います。


この本は私にとって、再生の物語。
毎年読み返すたびに、心に残る言葉は違い、その時々の自分を反映しているようにも思います。


今年心にとまった言葉は、この言葉でした。

「冬至まで」(ロザムンド・ピルチャー 作 中村妙子 訳)


妻と子を失い、喪失から立ち直れないオスカーに、牧師のピーターはこう語りかけます。


「人生は甘美です」とピーターは続けた。「痛みを超えたところで、人生は甘美なまま続いていきます。基本的なものはそのままなのです。うつくしいもの、おいしい食物、友情、愛と理解の泉は。」(「冬至まで」より)


今日は冬至。日の出を見たくて早く起きました。
雲ひとつない空が次第にオレンジ色に染まっていき、ある瞬間に室内の壁が鮮やかに色づきました。

日の出でした。


今日から昼が少しずつ長くなっていきます。時は春に向かっていくのです。


春。

それは家人が日常の生活に戻れる日。

私たちが東京と東川を行き来して暮らせるようになる日。

FaceTime越しではなく、当たり前に一緒にご飯を食べられる日。


臍帯血移植の日まであと5日。冬至の朝は、祈りの朝でもありました。

関連記事

No news, Good newsーーかすかな光が

至誠が人工呼吸器をつけてICUに入ってから、2日が経ちました。昨日は、昼間、病院に行きました。コロナ禍ということで、特別な時以外は面会はできず、病院に行ってもi…

  • 1094 view

意志の力、家の力ーーリハビリの日々

家人が退院して3日が経ちました。帰宅した当初は、一人で立ち上がることもままならず、立つこと、歩くことができない状態でした。急遽、介護保険を申請し、最小限の仮設の…

  • 1079 view

小石至誠の40日ーーあの声を聞きたい

至誠が肺炎で9月9日に入院して40日以上が経ちました。9月11日には気管挿管してICUへ。声が出せなくなりました。私が聞いたその前の至誠の声は、「結花ちゃん。青…

  • 912 view

この2日間

10月4日(月)、至誠はICUから一般病棟に移りました。ICUに入って3週間。気管切開を経て、容体の急変の可能性は少なくなった、という判断での移動ですが、人工呼吸器もそ…

  • 983 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。