「冬至まで」ーー祈りの朝

  1. Family

今年も、この本を再読しました。


もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。


「冬至まで」(ロザムンド・ピルチャー)
出版されたのは2000年。おそらくピクチャーの最後の長編だと思います。


この本は私にとって、再生の物語。
毎年読み返すたびに、心に残る言葉は違い、その時々の自分を反映しているようにも思います。


今年心にとまった言葉は、この言葉でした。

「冬至まで」(ロザムンド・ピルチャー 作 中村妙子 訳)


妻と子を失い、喪失から立ち直れないオスカーに、牧師のピーターはこう語りかけます。


「人生は甘美です」とピーターは続けた。「痛みを超えたところで、人生は甘美なまま続いていきます。基本的なものはそのままなのです。うつくしいもの、おいしい食物、友情、愛と理解の泉は。」(「冬至まで」より)


今日は冬至。日の出を見たくて早く起きました。
雲ひとつない空が次第にオレンジ色に染まっていき、ある瞬間に室内の壁が鮮やかに色づきました。

日の出でした。


今日から昼が少しずつ長くなっていきます。時は春に向かっていくのです。


春。

それは家人が日常の生活に戻れる日。

私たちが東京と東川を行き来して暮らせるようになる日。

FaceTime越しではなく、当たり前に一緒にご飯を食べられる日。


臍帯血移植の日まであと5日。冬至の朝は、祈りの朝でもありました。

関連記事

かけがえのない家族ーー母の命日に

1月24日は、母の命日でした。冷たい雨の降る東京で、私はひとり、朝からキャンドルをつけ、1日中その灯を切らさずに静かに過ごしました。キャンドルの灯りが目…

  • 1723 view

ロケ弁と朝焼け

おはよう、新しい1日。何度も何度も夜中に目が覚め、気づくと窓の外がオレンジ色に染まっていました。早朝ロケや朝一番の飛行機で札幌に介護に通っていたの頃には、よく目…

  • 2480 view

今日を淡々と誠実に生きたか?

朝、目が覚めた時、夢を覚えていることはありますか。私はほとんどないのですが、今朝は珍しく夢の最中に目が覚めました。至誠がエア鳩出しをしているのを見て(何も道具を…

  • 2018 view

クリスマス、移植の日に

花はやはり朝の光の中で見るのがいちばん美しい。昨日、届いたクリスマスの花束が、そっと私に微笑みかけます。今日、クリスマスの日は、家人の臍帯血移植の日。…

  • 926 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。