リトルモリーがやって来た!

  1. Interior


ちょうど1年前の2月1日に、ヴィトラのオーガニックチェア、シープスキンバージョンが届きました。家人がコンランショップで一目惚れして購入。届く前から「羊のモリー」と名づけました。


この名前の由来と詳しい経緯についてはこちらから→http://yuka-shimoda.jp/interior/569/


ちょうど東川プロジェクトの基本設計が出来上がった頃。羊のモリーは、最初に決まった東川の家のための家具でした。


そして先日、アルティック東京ストアにオンラインツアーのビデオ収録に行った時のこと。アルヴァ・アアルトのスツール60のシープスキンバージョンを発見!これはもう連れて帰るしかない。

スツール60のシープスキンバージョンhttps://webstorejapan.artek.fi/products/スツール60-skandilock-curly-moonlight


名前はリトルモリーに即決! こちらも届く年前から名前が決まってしまいました。


そして今日、2月2日にリトルモリーが到着。羊のモリーと並べると、まるで親子みたい!😂


別々に使っても良いのですが、オーガニックチェアのフットレストとしてもぴったりです。


それにしても、羊の毛ってどうしてこんなに気持ちいいんでしょうね。まるでふんわり抱きかかえられているよう。


見慣れたスツール60も、シープスキンの座面になるだけで、まるで違った姿に見えます。


座るのはもちろんですが、眺めているだけでも幸せになる家具たちです。


モリーを見ると、あの日、コンランショップでうれしそうにこの椅子に座っていた家人のことを思い出します。そしてまだ着工してもいなかった東川の家を思いながら、この家具を選んだことが蘇ります。

リトルモリーも、出会った時にモリーのそばに置きたい、と思った胸の高鳴りをいつまでも忘れないでしょう。


家具は記憶と分かちがたく結びついています。それは家族の歴史でもあり、人生の思い出でもあります。


今、家はほとんど出来上がり、家具の到着を待つばかり。
羊のモリーとリトルモリーは、遠からず雪の東川の家へ旅立ってゆくことでしょう。

グレーのクッションもシープスキン。
コンランショップで購入。

iPhoneから送信

関連記事

いちばん美しいものを自分のために使う

毎朝、入院中の家人とFaceTimeで朝食を共にしています。変わり映えのしない病院食に向き合う家人は、それでも胡椒をかけて少しでも美味しくと工夫しています。そん…

  • 636 view

暮らしの術【5】不安と向き合う知恵

1週間前には予想できなかったことが、日々起こっていきます。ロンドン郊外に暮らすイギリス人の友人夫妻も、食料を買いに行く以外は、ずっと家にいるとメッセージをくれま…

  • 1011 view

暮らしの術【2】花を最後まで楽しむ

テレワークや外出の自粛などで家にいることが多くなり、花をきらさずに飾るようになりました、という声を聞きました。どこか重苦しい空気の中で、ちょっとうれしい…

  • 603 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。