うれしい知らせ!ーー「生着間違いなし」

  1. Family

年末からお正月の間もずっと、毎日、家人の病院に行っています。

コロナのため面会禁止ですし、そもそも無菌病棟なので直接、会うことはできないのですが、差し入れを看護師さんに手渡しした後、本人とガラス越しに顔を見て話をすることもできます。声が聞こえにくいので、携帯を通して。😅

これではFaceTimeとあまり変わらなさそうですが、それでも、家人は直接(?)会うと元気が出る、と言ってくれます。


家人の熱は上がったり下がったり。とはいえ、お正月の間のような高熱は少なくなりました。


次の段階は、生着です。


移植した幹細胞が血液の流れに乗って骨髄にたどり着き、そこで増殖を始め、白血球数がふえてくることを「生着(せいちゃく)」と呼びます。臍帯血移植で赤ちゃん細胞が入り、それが本人の細胞として働きだすわけです。


今日、血液内科の医師から「白血球の数値が1000を超えたので、生着は間違いありません」という言葉を頂きました。なんてうれしい!!!


移植しても、生着しないケースもあると聞いていたので、本当にホッとしました。
そのメッセージをもらった時、私は病院からの帰り道で、パークハイアットのデリカテッセンでお茶をしていました。

スモークサーモンのベーグルサンドとコーヒー。


ここは家人とも散歩でよく立ち寄るところ。都会そのものといった佇まいなのですが、不思議とリラックスできるところ。今日の出来事でいっそう記憶に残る場所になりました。


そのあと、コンランショップに寄って、東川の家で使うための白いタオルを大人買い!😅


年の初めに、タオルを新しくするというのは、ずっとしていること。東川の家の準備もやっとスタート。


うちではフェイスタオルは使っていません。ハンドタオル(30㎝四方)をたくさんカゴに入れておき、使ったら別のカゴに入れ、まとめて洗濯します。ですから、今日買ったのも、ハンドタオルとバスタオルだけ。

小さなタオルを一回ずつ、使う。


家を調えるのは楽しい。


家人の変化のうれしいことはたくさん喜んで、少しずつ、東川の新しい暮らしの準備も進めていこうと思います。

iPhoneから送信

関連記事

どんな時にも笑いはあるーー再入院の中で

家人の再入院に、多くの方からたくさんのエールを頂きました。本当にありがとうございます。二人とも、その言葉がどれほど力強かったことか・・・。感謝の気持ちでいっぱいです。…

  • 846 view

【東川プロジェクト】家具を選ぶ 

東川プロジェクト(二拠点生活のための、北海道東川町での家づくりのこと)の更新が滞っていましたが、8/4に着工しました。土地を購入したのが昨年の7月。ちょ…

  • 650 view

移植という「クリスマスのギフト」

12月12日(土)、家人と私は担当医から、急性白血病の今後の治療スケジュールとその内容、それに伴う副作用について、1時間以上に渡って詳しい説明を受けました。2週…

  • 519 view

一日一通、手紙を書くーー病室への便り

家人が再入院して5日が経ち、一昨日から抗体療法が始まりました。幸い、今のところ副作用もなく、順調に推移しています。あとはただ、普段通りに過ごすことを心がけるだけ…

  • 574 view

心が辛い時の3つの処方箋

心が辛くはありませんか。わけもなく寂しい時もあるし、はっきりとした理由があって落ち込むこともあります。家人が急性白血病で入院して、1年3ヶ月が経ちました…

  • 556 view

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • Carine
    • 2021年 1月 10日

    Wow! Great news!!!
    Keep my fingers crossed for u❤︎

      • yuka-shimoda
      • 2021年 1月 10日

      Thank you so much!
      I am flattered!

  1. この記事へのトラックバックはありません。