どんな時にも笑いはあるーー再入院の中で

  1. Family

家人の再入院に、多くの方からたくさんのエールを頂きました。本当にありがとうございます。二人とも、その言葉がどれほど力強かったことか・・・。感謝の気持ちでいっぱいです。

再入院のブログでは、簡単な経緯しか触れませんでしたが、現在は24日からスタートする抗体療法に向けての検査の毎日です。準無菌室にはいますが、特に自覚症状はなく、食欲も普段と変わらない状態です。

経験するまで、私自身、白血病という言葉は知っていても、実態は全く知らなかったので、そういう方も多いかと思います。最近、症例も増えていますので、簡単に説明しますね。

「血液のがん」とも呼ばれる白血病は、原因がはっきりしていません。突然発症し、急性の場合は、急激に症状が進みます。多くのタイプがあり、それに対応した治療法がとられます。

外科的対応ができないので、手術はありません。治療は投薬と点滴が基本です。化学療法(抗がん剤投与)、抗体療法、骨髄移植などが主な治療法です。

再発がわかってから1週間経ち、私たちの気持ちも落ち着いてきました。

父の介護の時でもそうでしたが、日々の暮らしの中には辛いことだけではなく、心が柔らかくなる時間もあるものです。

家人といると、いつもクスッと笑いたくなることに出会います。

今回の入院では、二回めということもあり、準備万端。リモアのトランク、大中小3個と共に入院手続き。数ヶ月海外旅行並みの荷物。😅

電気ポットとイッタラとアラビアの器、一揃いも一緒に。

以前の入院中も、夕食時はFaceTimeでしたが、今回はリモートワークで家にいることもあり、朝昼晩、食事の時は毎回、FaceTime。ずっと一緒にご飯を食べていたので、これが普通になってしまいました。器の前にiPadを置いてFaceTimeで話しながら食べていると、向かいの席にいるように錯覚してしまう・・・・。😅

入院手続き中。

おもしろい話、ウケてしまう話、人間関係の機微、プライムビデオのドラマ「オックスフォード事件簿・モース」など話はつきません。

そして折々に出てくるのは、東川での新しい暮らしのこと。

フェイスブックを見ると、今朝の東川の最低気温は11℃。もう稲穂も黄金色になり始めています。そんな東川を思いながら、そこでの暮らしを想像すると、二人とも自然と笑顔に。

人生には辛いこともあるけれど、暮らしの中には、「どんな時にも笑いはある」。

いつもそれを忘れずにいたいと思います。

FaceTimeで一緒にご飯。

関連記事

「踏み込む勇気」

日曜の朝。雨が降っています。天気に気持ちが左右されるこの頃。家にいるのが辛く、雨の中、散歩に出ました。住宅街の中にあるパドラーズコーヒー。大きな桜の木のテラスが…

  • 1874 view

うれしい知らせ!ーー「生着間違いなし」

年末からお正月の間もずっと、毎日、家人の病院に行っています。コロナのため面会禁止ですし、そもそも無菌病棟なので直接、会うことはできないのですが、差し入れを看護師…

  • 1237 view

「冬至まで」ーー祈りの朝

今年も、この本を再読しました。もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。…

  • 870 view

医師の言葉で知る、感染の危険

家人が臍帯血移植を受けてから、まもなく1ヶ月になろうとしています。大晦日から熱を出し始め、一時は40度に近い発熱が連日続きました。お正月明けからはさまざ…

  • 1258 view

「西洋医学的には・・・」

家人のことは、SNSもブログも1週間以上、アップしていませんでした。心にかけてくださっている皆様にお伝えしようと思っても気が進みませんでした。先週から、家人は帯…

  • 2359 view

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • Carine
    • 2020年 8月 23日

    おふたりの、弾ける笑顔!

    インターネットは、本当に優しい。
    スティーブ・ジョブズは、人との繋がりを更に深めて、会えない寂しさをお互いを思う強さに変えるために、このガジェットを開発してくれたのだと思います。

    大丈夫、みんながおふたりに付いています。
    24日からの免疫療法、みんなが応援しています。

      • yuka-shimoda
      • 2020年 8月 24日

      Carineさん、ありがとうございます。

      インターネットは優しい・・・私もずっとそう思っています。
      父の時も、iPadが距離を繋いでくれました。
      そして今は、コロナを超えて。

      心を開いて情報を発信しオープンにすることで、たくさんの方々の力をいただいている、と実感しています。

      最初はとても堪えたけれど、今は良いことしか思い浮かばない。
      ただ、前に進むだけです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。