「本当に大切なことだけをして生きる」ーー父の命日に

  1. Family
ベランダの緑をたくさん摘んで、花と共に。

昨日、8月30日は父の命日でした。

秋の空になりつつあった定山渓の緑の中で、弟と共に父を見送ってから一年が経ちました。

父は最後まで尊厳を失わず、決して愚痴を言わず、自分の運命を受け入れて、ただ静かに存在していました。そして、弟や私に、看護師やヘルパーさんに、たくさんの「ありがとう」の言葉を残してくれました。

昨日は、弟を呼んで、自宅で過ごしました。父と母の写真に向かって、声に出してお祈りをしました。弟は「なんとか生きています」と。

環境適応障害から心を病み、長く引きこもった生活をしていた弟が数十年ぶりに札幌に戻ったのは、母の葬儀の時でした。

それ以降、父の介護では、私と交互に父の元に行き、寄り添ってくれました。

そうした中で、弟の心も少しずつ生き返っていったのだと思います。今は一緒に食事をし、話をし、家人の入退院に際しても私を支えてくれています。

昨日の夜、家人と私は自分たちのこれからについて話をしました。そして決めたのです。

「本当に大切なことだけして生きよう」

家人も私も、とても恵まれた人生だったと思います。時代も味方してくれました。やりたい仕事もできたし、機会にも恵まれました。けれども、その中には時間を浪費することこともたくさんありました。

今、家人の病を通して、私たちは「濃密な時間」を意識するようになりました。

私にとって、「本当に大切なこと」は家族、暮らし、仕事です。

家人とは、FaceTimeでつながっている時はもちろん、つながっていない時も心を寄せていること。弟を見守り、サポートすること。父と母を思うこと。

日常の暮らしを丁寧にすること。美しいと思うことを実行すること。

そして、仕事の責任を全うし、社会に貢献すること。

無駄なこと、無意味なこと、心乱されることはもうしない。「本当に大切なことだけして生きよう」と心を決めた、父の命日。それは私にとって、人生のターニングポイントのように思います。

60代の父と母。凛として生きたふたり。
その生き方を私も継ぎたい。

関連記事

それでも人は生きていかなければならない

今日は朝から雪が降っていた。そして今も、はらはらと雪が降っている。今年のように、こんなに長い時間、雪を眺めて過ごしたことはなかったと思う。旭川生まれの根っからの…

  • 2016 view

幸せな2日間ーー再び、退院

6月4日、家人は念願の退院を果たしました。しかし、度重なる入退院に、二人とも手放しでは喜べず、まだ、半信半疑というのが本当のところです。特に今回は、脳梗…

  • 2080 view

春のご褒美、木蓮の花ーー至誠の月命日に

毎月、26日の至誠の月命日には、東川にいることにしています。ここでゆっくりと至誠と向き合いたいからです。昨日は4時に起き、庭のビストロチェアに座って日の出を眺め…

  • 883 view

これは「至誠からのギフト」

岐阜から出てきた至誠のお姉さんと、病院に面会に行きました。特別に許可を得て短い時間だけ、お姉さんも至誠に会えることになったのです。至誠は上にお姉さんが2人いて、…

  • 2747 view

人はなぜ、生き急ぐのだろう

38年間、第一線で仕事をしてきました。5年前までは、編集者として。そしてこの5年間はもっと広い意味で、豊かに美しく暮らすことの意味を伝える立場として。力任せに駆…

  • 2532 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kozybox/yuka-shimoda.jp/public_html/wp/wp-content/themes/one_tcd061/comments.php on line 148