人はなぜ、生き急ぐのだろう

  1. Family


38年間、第一線で仕事をしてきました。5年前までは、編集者として。そしてこの5年間はもっと広い意味で、豊かに美しく暮らすことの意味を伝える立場として。


力任せに駆け抜けた時期もあったし、挫折も喜びもありました。その全てがエキサイティングで生きていると実感できたーーそれは確かだと思います。


ただ、家人の介護という時間の中でふと思うのです。

何をあれほど生き急いでいたのだろうと。
季節の移り変わりにも気づかないほど。両親や弟のことを忘れるほど。


家人が退院して1週間。この間、時間はゆっくりと流れました。


朝食を調え、薬の用意をし、お風呂に入るのを手伝い、体を保湿し、爪の手入れをする。


そのひとつひとつのことを、決して急がす、大切なこととして向き合う。以前の私なら、決してできなかったと思います。いつの間にそうなったのかはわかりません。


今、こうした時間を重ねて感じるのは、時間の密度が増しているということです。


仕事は楽しい。仕事はやりがいがある。それは今も変わりません。


1日のうち、仕事モードになれば、自然とスイッチが入ります。生涯現役で仕事をするという覚悟は、以前から私の中にありました。


けれど、ゆったりと流れる家人との時間は限りなく愛おしい。


食べたいというものを、どうしたらいちばん美味しく作ることができるか心を傾ける。それは、仕事の大きなプロジェクトと同じくらい価値のあることだと思います。


病気になど、決してなって欲しくはなかった。
ただ、長く共に暮らしてきて、今いちばん心が近いところにいると、お互いに感じています。


30代、40代では難しいことかもしれないけれど、今の自分だから後輩たちに言いたい。


生き急がないで、と。
あなたの本当に大切なものを見失ってしまわないように、と。

通院のための車の中で。
こんな何気ない時も、かけがえのない時間。

iPhoneから送信

関連記事

心、折れる

いつもと同じように始まった朝は、けれど、いつもと同じではありませんでした。9月9日、家人は肺炎のため、緊急入院しました。朝、9時に、いつものように訪問リ…

  • 3346 view

時を刻む「針仕事」ーー病室のポシェット

病室で必要なものは、実際に入院してみて初めてわかるものです。今回は2回めということで、万全を期したつもりだったのですが、やっぱり忘れ物をしました。それはポシェット。…

  • 1768 view

「いつも何度でも」ーー父を想う

去年の今日、9月1日は、父の野辺送りの日でした。多くの方にとって、親の死は初めての経験だと思います。私もそうでした。母の時は父がいた。でも父の時は、私が…

  • 1947 view

家に帰りたいーー訪問点滴という選択

今日の午後、家人は退院しました。入院から3日目。肺炎は完治には至っておらず、本来ならば、1週間から10日の入院が必要です。けれど、家人は3日が限度、と。家に帰り…

  • 1990 view

不安や恐れに向き合う武器

どうしようもなく不安になる。いてもたってもいられない。それは未知への恐れからくるのだと思います。今のこのパンデミックの状況もそうです。漠然とした不安。そして迷い…

  • 1402 view

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • 平野昌子
    • 2021年 6月 14日

    生き急ぐほど頑張ったから、今の幸せが見えるのではないでしょうか。神様がくださった、今まで頑張ってきたことへのご褒美だと思います。

      • yuka-shimoda
      • 2021年 6月 14日

      平野さん、ありがとうございます。
      その時々を精一杯生きるーーそれは間違っていなかったと思います。
      ただ、立ち止まる時間に気づけたら、両親とももっと時間を持てたのに、、、と思わずにいられません。

    • 竹原 由紀美
    • 2021年 6月 15日

    はじめまして いつもご夫妻のお姿をこちらのブログで拝見し、ご回復をお祈りしています。

    私も昨年秋より夫が同じ病(夫は骨髄性、ご主人様と同じ歳です)で、この春臍帯血移植をし、退院、再入院ののち、現在自宅療養中です。

    優しい、親友のような大切な主人です。
    毎日一緒に居られる時間が、どれだけ愛おしいかと思います。ひとりで震える日、泣きながら病院まで運転する日、沢山乗り越えながら、精一杯の料理を作り、散歩をして、2人で前を向いて。

    奥様のお気持ちがとてもよく理解出来ます
    私とは違い、キャリアを積み重ねてこられた事は、とても凄い事だと思います。

      • yuka-shimoda
      • 2021年 6月 17日

      竹原様

      コメントありがとうございました。
      ご主人様、同じご病気なのですね。
      「優しい、親友のような大切な主人です」
      という一行に、涙がこぼれました。

      長く連れそった方だからこその、お言葉だと思います。
      私たちもまさにそのような関係です。
      どんな辛い治療にも耐えている家人を見ると、
      ただ祈るしかありません。

      家族とは不思議なものですね。
      なにものにもかえがたく、大切な。

      仕事は、時として支えであり、時として大きな支障です。
      今はコロナ禍でリモートなので、なんとか自宅療養に対応していますが、以前ならば考えられないことでした。

      コロナで面会できない辛さもありましたが、明るい側面もあります。

      ひとときを大切に、信じて進みましょうね。
      本当に、お言葉ありがとうございました。

      結花

    • あゆみ
    • 2021年 6月 16日

    家族と一緒に過ごすゆったりとした時間が限りなく愛おしい。
    この幸せな瞬間がずっと続けばいいのに。。。
    そう思いながら抗がん剤治療中です。

    いつもブログに励まされています。
    白い手袋も買いました♥️

      • yuka-shimoda
      • 2021年 6月 17日

      あゆみ様

      コメント拝見しました。
      ご自身が治療中とのこと。
      どんなにかお辛いか、とお察しいたします。

      このひとときが永遠に続けばいいーーそう思うことの連続です。

      今までも決して無駄に過ごしてきたとは思いませんが、それでも、この今の時間のなんと切ないことでしょうか。

      それでも、人は生きなければならない。
      未来を信じて進みましょうね。

      ご快癒を心からお祈りしております。

      結花

  1. この記事へのトラックバックはありません。