小さな進歩ーー「できること」が増えている

  1. Family

家人が入院して20日が経ちました。

病棟では、看護師さんが日替わりで担当してくれます。
今日、数日ぶりに担当してくれた看護師さんが
「すごい!  小石さん、できることが増えている!」。
この言葉を、家人も私もどんなに嬉しい思いで聞いたことか。

先週までは、ほとんど自分では身の回りのことができなかった家人が、週末から1日1日、目に見えてできることが増えてきたのです。

椅子に長く座っていることができるようになり、歩行器を使っての歩行から伝い歩きができるようになり、食事も自分でスプーンを持って食べることができるようになりました。

日々のリハビリは、長い時間ではありませんが、それでも家人にとってはかなり大変なこと。
それがここにきて形になってきました。

一方で、焦らない、とは言っていても、本人が精神的に落ち込むことも多々あります。
FaceTime越しに、ただそれを聞いてあげることしかできないのはとても辛いものです。

今の家人の楽しみといえば、食事の後のデザートに何を食べるかくらい。
まだ食事の制限も多いので、デザートといっても、果物のゼリーか、コーヒーゼリーか、杏仁豆腐か、、、くらいなのですが。

フィッシュバーガーを食べたいというので、今日はモスのフィッシュバーガーとコーヒーをポットで差し入れしました。
パンは飲み込みにくいので、NGだったのですが、今日はOKが出て、看護師さんが付き添いのもと自分で食べることができました。3時のおやつに、フィッシュバーガー1個完食!😅


こんな小さな進歩が本当にうれしい。


今、私たちの幸せは、この日々の中にあります。
退院に向けて、少しずつ、少しずつ。

朝のFaceTime朝食も復活。
一緒にいる時間がうれしい。

iPhoneから送信

関連記事

家に帰りたいーー訪問点滴という選択

今日の午後、家人は退院しました。入院から3日目。肺炎は完治には至っておらず、本来ならば、1週間から10日の入院が必要です。けれど、家人は3日が限度、と。家に帰り…

  • 1772 view

一日一通、手紙を書くーー病室への便り

家人が再入院して5日が経ち、一昨日から抗体療法が始まりました。幸い、今のところ副作用もなく、順調に推移しています。あとはただ、普段通りに過ごすことを心がけるだけ…

  • 1246 view

「確信」の力

宮本輝の「命の器」という本を読み返していて、救われる文章に出会いました。「優駿」という小説を連載していた宮本輝は、何人かの調教師や騎手に取材をします。その中で、…

  • 1110 view

時を見える化するーー「はがき時計」

12月25日のクリスマス移植の数日前。3月31日まで逆算して100日目。私は手持ちの中から100枚のポストカードを選び出しました。それを10枚ずつ束にし、カード…

  • 824 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。