待ちわびた退院

  1. Family


3月19日、家人は予定通り、病院の血液内科を退院しました。


10月5日の入院から半年。12月25日の臍帯血移植から3ヶ月。この間、GVHDの症状が酷く、とても厳しい状況もありましたが、なんとかここまで漕ぎ着けました。


たくさんの皆様に応援して頂き、心からお礼申し上げます。皆様のコメントやメッセージにどれほど励まされ、支えられたか、言葉につくせません。



19日は10時に病棟に迎えに行きました。コロナ禍のため、今も面会ができない状況ですが、医師との面談や入退院の時のみ、家族は中に入ることができます。


毎日、Facebookで会っていたとはいえ、直接、会えるのはやはりうれしい!


退院に際し、まずは栄養士さんから、退院後の食事についてお話がありました。


食べてはいけないもの。刺身などの生魚、生肉。納豆、ナチュラルチーズ、漬け物、ヨーグルトなどの発酵食品。グレープフルーツなどの黄色い柑橘類。火を通さない豆腐や海藻。、、、、、まな板も包丁も鍋も全体を洗うこと。タンパク質を毎食、摂ること。


免疫を抑える薬を服用しており、免疫力がないため、食べることには制限があります。


その後、さらに移植コーディネーターから、退院後の生活についての注意がありました。


とにかく、手洗い、うがい、マスク。
肌も弱いので、日焼けに気をつけること、日焼け止めを塗ること。筋力が衰えているので、寒さを感じやすく風邪をひきやすいこと。体調の変化に気をつけること。毎日、検温、体重、血圧を測ること。


造血細胞が入れ替わり、今、皮膚も細胞も入れ替わりつつあります。


「見た目は大人でも、2歳児だと思ってください」と。


家人の臍帯血移植のドナーは、血液型はA型の女の子だったということも、初めて知りました。


しかし、本人の血液型は、1年くらいしないと定まらないとのこと。不思議な感じですね。


家に帰ってきて、当たり前のことを当たり前にしていて、
「幸せだなあ」
と家人。
「やっぱり、家はいいなー」。


帰宅してからは、量はたくさん食べられませんが、私の用意した食事を完食しています。
リハビリと称して、洗濯やお風呂掃除も少しずつ。


退院したと言っても、コロナの心配もあり、(ワクチンは1年以上打てません)、何より免疫力がないので、当分は自宅療養で外出も外食もありません。東川の家に行けるのも数ヶ月は先になりそうです。

それでも、私たちはとても幸せ。


しばらく、静かに見守って頂ければと思います。
なにぶん、2歳児、なので。😅

帰宅して最初の食事。
念願だったパスタでランチ。

iPhoneから送信

関連記事

無菌病棟から一般病棟へ

2月24日、今日、家人は無菌病棟から一般病棟に移りました。12月半ばから二ヶ月余り。その間、12月25日に臍帯血移植。1月のお正月を過ぎたあたりからどん…

  • 760 view

希望ーー現在進行形の【東川プロジェクト】

家人は昨日、首にカテーテルを挿入し、今日からビーリンサイトという抗体療法が再び始まりました。以前の病院で、一度、経験している治療ではありますが、あー、本格的に始まったん…

  • 1074 view

父がくれた夏休み

父が急に食事を取らなくなったーーと病院から連絡があり、札幌の郊外、定山渓病院へ。8月の初めに、療養型の病院に転院したばかり。着いたのが深夜だったので、そ…

  • 1068 view

かけがえのない家族ーー母の命日に

1月24日は、母の命日でした。冷たい雨の降る東京で、私はひとり、朝からキャンドルをつけ、1日中その灯を切らさずに静かに過ごしました。キャンドルの灯りが目…

  • 605 view

介護と仕事のはざまで

命の灯火が消えようとしています。少しずつ少しずつ。深夜、0時過ぎに札幌からタクシーで、定山渓の病院に着きました。一週間ぶりに会った父は、一回り小さくなってい…

  • 1340 view

医師の言葉で知る、感染の危険

家人が臍帯血移植を受けてから、まもなく1ヶ月になろうとしています。大晦日から熱を出し始め、一時は40度に近い発熱が連日続きました。お正月明けからはさまざ…

  • 846 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。