美しすぎる6月の記憶ーーイチゴとゲストと至誠の誕生日

  1. Family

7月に入り、東川も30℃を超える日が増えてきました。朝晩は涼しい風も吹きますが、6月の爽やかさには及びません。

北海道の6月は梅雨もなく、本当に心地よい季節。
ことさら、東川は輝くような美しい日々でした。

ゲストも多く、東川2M houseを見学に来る方、宿泊の方、いろいろ。
ゲストはどなたもご縁を頂くことに感謝して、喜んでお迎えしています。

5月に芽吹いた庭は、6月になると一気に緑に染まっていきます。
デイジーが咲き始め、白の緑のコントラストに。

花を切るには忍びなく、草刈りはせずに、細い道だけ作ったのですが、これが散歩するのにちょうどよくて。

シャスターデイジーが埋め尽くす庭。


歩くところだけ草を抜いて、そのままにしておく。
日が当たらなければ、草は生えない。

6月の半ばには、銀杏の木の下のイチゴが赤く色づき始めました。
朝、起きると、庭に出てイチゴとルッコラを摘み、朝食に。



ルッコラは、北の住まい設計社で買った種を蒔いたのですが、可愛らしく、育っています。

朝、ゲストと一緒にルッコラを摘む。

たくさん収穫できなくてもいい。
自然のままに。
なぜか、それほど虫にやられることもなく育つのは、土が元気だからでしょうか?

元々農家さんの家と畑があったところ。
土はふわふわと柔らかく、水やりをしなくても、植物はすくすく育ちます。
本当に手のかからない庭なのです。

6月は東川もその近隣も、イベントの多い季節です。
短い北海道の夏を楽しもうと、企画が集中します。

・美瑛のSSAWでのピクニック。

拓真館の庭で思い思いに。
楽しいブースもたくさん!

・北の住まい設計社での、ファーマーズマーケット(夏至祭)。

マーケットの後は、出展者が集まって
キタスマの庭で楽しい懇親会。

・小西音楽堂でのピアノ三重奏コンサート。

ベーゼンドルファーのピアノの音色を
ヴォーカルと共に。

・東川町のキャンドルナイト。

キャンドルナイトのために、町民には
フローティングキャンドルが12個配られる。
この日は、ゲストと自宅でキャンドルディナーを。


6月21日、22日の2日間は、MLクラブで旭川デザインウィークのためのバスツアーを開催しました。
私がアテンドしながら、カンディハウス、タイム&スタイル、北の住まい設計社、東10号工房の4箇所の工場・工房見学と、上野ファームを回り、奥泉、ちば食堂でみんなでお茶とご飯を頂きました。

旭川デザインセンターでは、
アルフレックスのソファ作りをミニセミナーで学ぶ。

他のツアーではできないことを、と思い、個人邸も3ヶ所。
お隣のCompassを主催する遠又邸と私の自宅、東川2M house、そして織田憲嗣さんの自邸、織田邸です。

そして、翌日の午前中は、東川2M houseのテラスで、amica flowersの小山潤子さんによる花レッスンを開催。
上野ファームの花をたっぷり使わせて頂き、外での花束作りは本当に気持ち良くて。

コロナ禍、オンラインで始めた花レッスン。
小山潤子さんの素敵なお花を、自宅で楽しんだ。
この日はリアルで。


この頃にはさくらんぼが食べ頃に。ゲストと一緒に、ハシゴを買いに行き、みんなで収穫。それでもまだまだたくさんあって、数日後には、ご近所さんに声をかけて、夕方、サクランボ狩りの時間をもちました。ほんの30分くらいですが、みんな笑顔。こんな軽やかで緩いおつきあいもいいなあ、と思います。

ご近所さんと、サクルンぼを収穫。
肩車作戦も!^_^



昨年の6月は、至誠の2人のおねえさんと、忘れられない時間を過ごしました。

2022年6月。
岐阜から来てくれたら2人のおねえさん。
感謝しかない。


そして、6月24日は至誠の71歳の誕生日でした。庭に咲いている花を、全種類摘んで、至誠のそばに飾りました。イチゴとサクランボとデイジーの季節。夕陽も本当に綺麗だった。

至誠の誕生日の夕陽。


至誠の71歳の誕生日は、こんなに美しい日だったのよ、話しかけながら、それでもやっぱり、涙は溢れてくる。


2年目の悲しみは、1年目の悲しみとは違って、泣き続けることはなくなったけれど、不意に涙が込み上げてくる瞬間は、以前よりも多くなりました。
東川にいるときは、自然が慰めてくれるけれど、東京に戻ると、あらゆる場所に至誠との暮らしの記憶が残っていて、それがまだとても辛い。


だから、、、私はできるだけ東川にいたい。


美しすぎた6月。


時をとどめることは、誰にもできません。だからこそ、日々、その一瞬を愛おしみ、小さな幸せを見逃さないようにしたいと思うのです。

関連記事

この2日間

10月4日(月)、至誠はICUから一般病棟に移りました。ICUに入って3週間。気管切開を経て、容体の急変の可能性は少なくなった、という判断での移動ですが、人工呼吸器もそ…

  • 2290 view

至誠と、東川にて。

至誠が逝って1週間後。私は至誠と東川の家につきました。一緒に行こうね、と日々言い交わした東川2M house。それを楽しみに頑張っていた至誠を思うと、涙が溢れて…

  • 3714 view

「冬至まで」ーー祈りの朝

今年も、この本を再読しました。もう何回読み返していることでしょうか。この季節になると決まって本棚から取り出し、クリスマスまでの間に読むのが恒例になっています。…

  • 1508 view

人はなぜ、生き急ぐのだろう

38年間、第一線で仕事をしてきました。5年前までは、編集者として。そしてこの5年間はもっと広い意味で、豊かに美しく暮らすことの意味を伝える立場として。力任せに駆…

  • 2417 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。