東川2M houseのトリセツ

  1. Interior

1月から2月の雪の季節は、ゲストの予定が多いので、改めて「東川2Mhouse」のトリセツ(取扱説明書)を作ってみました。いらっしゃる方には、前もってこれをお送りしておきます。そうすると、来る方も安心なさいますし、私も説明の手間が少なくなります。
「2人とみんなの家=2M house」だから、無理なく、気持ちよく。そのための10のルールです。

道路側から見た全景。
撮影/下村康典

ーーーーーーーーーーーー

東川2M houseのトリセツ

ーーーーーーーーーーーー

基本は「みんながいつでも、気持ちよく、使えるようにする」こと。


1.跡がつくので(ウレタンでなくオイルフィニッシュのため)テーブルには直接、カップやグラスを置かない。→プレートにのせる。テーブルクロスを敷く。トレイ(ランチョンマット付き)を使う。


2.キッチン、トイレ、洗面、パスルームの使用後は、必ず毎回、水洗金具を拭く。→東川の地下水使用のため、カルキがつきやすい。クロームは水滴が跡になる。


3.部屋は1日一回、掃除機をかける→お掃除ロボットとハンディ掃除機の併用。


4.各自が1日1回、トイレ掃除をする。


5.バスタブ、シャワーブースは使った後、すぐに掃除をする。ガラスはスクイーザーをかけた後、水滴を完璧にタオルで拭き取る。水洗金具もタオルで拭き取る。


6.食器は漆器、繊細なグラス類以外は、食洗機に入れる。


7.ベッドリネンは各自がセットする。帰宅日の朝は外して洗濯機へ。タオルは1日1回、洗濯機でまとめて洗う。


8.夜はセコムをかけているので、朝は解除を確認してから窓を開ける。


9.薪ストーブの灰は毎朝、かき出し、焚き付けをセットする。


10.使わない照明は消す。夜は必要なところに必要な灯り(キャンドルも含めて)をつける。

【追加】ゲストがいらしても仕事はあるので、私は23時に就寝することにしています。できるだけ、規則正しい生活を心がけてもいます。

リビングの消灯、バスルームの使用も23時まで。それ以降は、各自静かにお過ごしください。東川は朝が素晴らしいので、ぜひ早起きしてそれを味わってください。


2月21-22日には、東川での自宅セミナー「東川ローズマリーハウス」も開催します。(近日中に、メンバーにはメールで申し込みのご連絡をします)その方たちにも、知っておいて頂きたいトリセツです。


至誠と私が思い描いていた「2人とみんなの家」が、少しずつ形になってきました。

設計段階でバケラッタが
制作してくれた詳細な模型。
撮影/下村康典

冬ならではの良さがある東川2M house。
雪を眺めて暮らすのは、格別。

関連記事

ここは「暮らし方を経験する家」

至誠のおねえさん達の、東川2M houseでの滞在を話すと、多くの方が「疲れたでしょう?」と労ってくれるのですが、そんなことはありません。疲れたとしたら、それは車の運転…

  • 1521 view

心からいたいと願う場所

飛行機が旭川空港に降りて、大きな空と緑の山並みを見たときの感動は、今も変わらない。何度、東京と旭川を行き来しても、ここに戻るたびに新しく心を揺さぶられる。そして深く深く…

  • 968 view

私が個人ブログをスタートした理由

唐突に思われるかもしれないけれど、個人ブログを立ち上げることにしました。理由は、書きたいことがあるから。モダンリビングのブログは、オフィシャルな…

  • 8167 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。