12月1日ーー至誠と私の人生が始まった日

  1. Family

今朝起きたら、世界は真っ白に変わっていました。


1年ぶりに染まった景色。昨夜から雪がしんしんと降り続き、一晩で20センチほど積もり、今年初めて雪はねをしました。


外の景色は一夜にして変わった。


このところ大きな変化が私の周りで起こりつつあります。去年、至誠が逝ってしまってから、フリーズしていたものが少しずつ溶け出し、一気に動き出したのかもしれません。それは、私自身のこともあるし、周囲の状況のこともあります。


長く一緒に仕事をしていた人が離れていく。仕事のやり方も変わっていく。町との関わりが深くなっていく。この家の意味が改めてわかってくる。


12月14日発売のモダンリビングのニ拠点居住のテーマで、東川2M houseが掲載されます。送られてきた12ページにわたる写真と記事を読んだとき、この1年間がそこに凝縮されているように思いました。


「北の大地のグラスハウス」と表現してくれたこの家。昨年の11月から丸一年、東京と東川を行ったり来たりして過ごし、四季を体感しました。この大きな窓からの景色は移り変わり、それぞれの季節に心を動かされましたが、最も美しいのはやはり冬だと思います。


雪は私に温かく、優しい。


これから長い冬が始まります。去年はただただ心をフリーズさせ、その日、その日を過ごすことだけを考えて過ぎていった冬。今年はもう少し動いてみよう。そう思っています。


1979年12月1日。その日、至誠と私の人生が始まりました。


誰にでもある特別な日。1年に1日しかない日。


私たちは毎年決まって何かしていたわけではありませんが、それでも12月1日は大切な1日として、慈しんできました。


今日からまた、友人たちがやってきます。東川2M house「2人とみんなの家」は文字通り、本来の姿を発揮するでしょう。


この雪の中で。

iPhoneから送信

関連記事

いつか、この冬を愛しむだろう

東川は毎朝のように、こまかな雪が積もりますが、溶けていく雪の方が遥かに多く、雪どけの季節を迎えています。美しかった冬。今度来た時には、この白い景色は見られないだ…

  • 1132 view

待ちわびた退院

3月19日、家人は予定通り、病院の血液内科を退院しました。10月5日の入院から半年。12月25日の臍帯血移植から3ヶ月。この間、GVHDの症状が酷く、とても厳し…

  • 2764 view

これは「至誠からのギフト」

岐阜から出てきた至誠のお姉さんと、病院に面会に行きました。特別に許可を得て短い時間だけ、お姉さんも至誠に会えることになったのです。至誠は上にお姉さんが2人いて、…

  • 2678 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。