幸せは日々の暮らしの中にーー2週間の一時退院

  1. Family

12月1日、家人は4度目の入院をしました。

昨年10月に、急性白血病と診断されてから1年と2ヶ月。長い道のりが続いています。

ビーリンサイトという抗体治療が一段落し、休薬期間で一時退院したのは、11月16日のこと。

自宅にいた2週間、家人は体調も全く問題なく、食欲もモリモリで、毎日おいしいおいしいと言って笑顔で食べていました。
コロナ感染が増えているので、公共機関や人の多い場所は極力避け、家とその周辺で過ごしていましたが、私たちにとってはそれはとても充実した豊かな時間でした。

今のマンションに住み始めて、もう28年くらいになります。
この街は私たちにとってのホームグラウンド。特に家にいる時間が長かった家人は、いつの間にか商店街に、いくつかなじみの店もできていました。
退院して久しぶりにお昼ご飯を食べに行くと、何人もの方が声をかけてくださいました。

その中でも、週に2回は必ず行っていたのが、カタネベーカリー&カフェとごはんごはん。

ごはんごはんは6席のカウンターだけの小さなお店ですが、栄養バランスの整った定食を丁寧に作っている店。
ここではご近所情報のやりとりもあって、とても心和む場所です。
あけみさんとゆうこさんという2人の女性が、週の半分ずつ厨房を担当しています。

お肉とお魚半分ずつの定食も。

カタネベーカリーのパンは家の常備食。そしてカフェのランチは私たちの週末コースでした。

カタネカフェの日替わりランチの中に、ベトナム風和え麺、ボブンというのがあります。
家人がこれをいたく気に入って、ほぼ日の連載に「愛しいボブン」というエッセイを書いたこともあるほど。
1ヵ月か2ヶ月に1度、いつ登場するかわからない日替わりメニューの1つ。

この日のランチは鶏のビネガー煮。

私はサラダニソワーズ。

ごはんごはんのあけみさんが、「小石さんが入院してから、ボブンは1度も出ていませんよ」と言うくらい、家人の熱烈オファーメニューでした。

家での家人は、以前と変わらず、クルクルとよく動き、洗濯や洗い物の家事をこなしてくれました。
ただ、料理だけは手順を忘れてしまった、、、と私に任せきり。

リモート中心の仕事になっていることもあり、一緒にいる時間を長くとることができましたし、朝昼晩、共に食事をすることを大切にしました。

「幸せは日々の暮らしの中にある」

今ほど強く、そう感じたことはなかったもしれません。

ご飯を食べること。
散歩をすること。
食料品を買いに行くこと。クリーニング屋さん、薬局、和菓子屋さん、、、。
何気ないこと、ささやかなことが、キラキラと輝いていると思えました。

散歩は毎日の楽しみ。

明日、再入院するという日。カタネカフェのスタッフのおおでさんが「退院したらボブンで快気祝いですね」と言ってくださいました。

12月15日には現在の一般病棟から無菌病棟に移り、放射線と抗がん剤治療を受ける予定です。その後多分、クリスマスの頃に、臍帯血移植をすることになりそうです。

不安がないというと嘘になりますが、今はただプロである医療チームを信じて、自分たちにできることを精一杯やっていこうと思います。

とても多くの方から、さまざまな形でたくさんのエールを頂いています。
この場を借りて深く御礼申し上げます。

iPhoneから送信

関連記事

どんな時にも笑いはあるーー再入院の中で

家人の再入院に、多くの方からたくさんのエールを頂きました。本当にありがとうございます。二人とも、その言葉がどれほど力強かったことか・・・。感謝の気持ちでいっぱいです。…

  • 917 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 1533 view

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 2218 view

無菌病棟から一般病棟へ

2月24日、今日、家人は無菌病棟から一般病棟に移りました。12月半ばから二ヶ月余り。その間、12月25日に臍帯血移植。1月のお正月を過ぎたあたりからどん…

  • 376 view

【東川プロジェクト】窓が入った!

1月14日、今年初めて、東川の現場に行った建築家の森山さんとスタッフの杉本さんから、たくさんの写真がLINEで送られてきました。これが雪庇(せっぴ)!屋…

  • 560 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。