愛しきものがそばにいるーー28回目の月命日

  1. Family

今朝の東川はしんしんと細かい雪が降っています。あらわになった地面もまたうっすらと白く雪化粧しました。


今日、26日は至誠の月命日です。2021年10月26日から28回目の月命日を迎えました。


友人からもらった箱入りの蜜蝋のキャンドルは、月命日だけ灯すことにしていましたが、最後の1本になりました。2年以上の時間が経ったけれど、至誠と向き合うとやっぱり涙が溢れてきます。

最後の1本になった蜜蝋のキャンドル。
月命日は至誠と会う日。


今日は至誠の動画を見ました。ほとんどが食事の時の動画です。一時退院した自宅での朝食のとき、FaceTimeを通しての病院での食事。どんな時も至誠は淡々として、できるだけ食事を美味しく食べようとしていました。

今、思うと、病院の食事はとても殺風景だったのだろうに、粗挽き胡椒をかけたり、自分なりに工夫したりして。文句を言ったり、食べ残したりということはありませんでした。


食事の動画の他にも、FaceTimeを通して話をしているときの動画が残っています。たいていは食事の後、至誠が何か面白い話をしだして、急いで録画したものです。ほんの数分の短いものばかりですが、今でもそれを見ていると私は泣きながら笑ってしまいます。


大ボケのアシスタント・ディレクターの失敗話、マジックの鳩出しのマネ、、、。あの絶妙の間や、声の艶、至誠が楽しそうに話す様子は、今でも目の前で話してくれているかのようです。


至誠、いつになっても私を笑わせてくれるんだね。


記憶がある限り、人は死なない。肉体が滅びても、心はずっと生き続けるのだと思います。私はいつでも至誠と話ができるし、迷っている時や悩んでいるときは相談することができる。その答えがしっかり聞こえてくるから。


「悲しみの秘義」という本の中で、作者の若松英輔さんはこう書いています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

逝った大切な人を思う時、人は悲しみを感じる。だが、それはしばしば単なる悲嘆では終わらない。悲しみは、別離に伴う現象ではなく、亡き者の訪れを告げる出来事だと感じることはないだろうか。
愛しきものがそばにいる。どうしてそれを消し去る必要があるだろう。どうして乗り越える必要などあるだろう。(中略)出会った意味を本当に味わうのは、その人とまみえることができなくなってからなのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーー
今、この言葉が深く心に染みてきます。悲しみを感じる時、それは至誠が私のそばにいる時なのだと。


今も雪は降り続いています。

今朝の東川はうっすらと雪化粧した。

iPhoneから送信

関連記事

東川住民になりましたーー初雪の朝に

11月10日、今朝、目が覚めたら、外は雪化粧していました。薪ストーブの火と雪を眺めながら、クラシックギターの曲を流して朝食をとりました。簡単でも丁寧にー…

  • 911 view

人はすべてを忘れてしまうーー五年日記

2019年の元旦から五年日記をつけています。つけ忘れてしまう日もあるのですが、それでも9割方のページは埋まっています。去年の今日のこと、一昨年の今日のことを毎日…

  • 1828 view

クリスマス、移植の日に

花はやはり朝の光の中で見るのがいちばん美しい。昨日、届いたクリスマスの花束が、そっと私に微笑みかけます。今日、クリスマスの日は、家人の臍帯血移植の日。…

  • 1080 view

時を刻む「針仕事」ーー病室のポシェット

病室で必要なものは、実際に入院してみて初めてわかるものです。今回は2回めということで、万全を期したつもりだったのですが、やっぱり忘れ物をしました。それはポシェット。…

  • 1773 view

誕生日と再入院

4月5日の私の誕生日に、多くの方からお祝いメッセージを頂戴し、本当にありがとうございました。ひとつひとつのメッセージを拝見し思うのは、こんなにもたくさんの方と繋…

  • 2174 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。