至誠の故郷にてーー葬儀

  1. Family


11月6日、土曜日。至誠の故郷の岐阜で、近親者による家族葬を営みました。


おねえさんと家族、至誠の甥や姪、その子供たち。そして、99歳のおとうさんも施設から来てくれました。


おとうさんは、おねえさん達から至誠の訃報を聞いた時、最初は驚いたものの、99歳まで生きていればそういうこともある、と言い、冷静に受け止めてくれたと聞きました。どれほど辛かったことか。


30人ほどの、至誠のことをずっと前から知っている人たちだけに囲まれた、静かな良い式でした。


その日、昼と夜、私は実家の和室で家族と長いテーブルを囲み、食事しました。子供達はまだ小さく、とても賑やか。至誠がいたら、こらっと笑いながら構っていただろうな、と思いました。

郵便受けのある、至誠の実家。
おとうさんは郵便局に勤めていた。


夕食後、仕出しのお弁当箱についていた輪ゴムを使って、姪達にマジックを教えてあげました。至誠の得意にしていたネタでした。みんな笑いながら夢中になってマジックをしているのを、至誠はきっと喜んでいるーーそう感じながら。


翌日、おねえさんが近所を案内してくれました。実家の畑のイチジク。至誠が小さい頃、遊んだ川。実家に帰ると散歩していた道。通った小学校や中学校。そこかしこに、至誠の姿が見えました。

至誠が魚釣りをして遊んだ武儀川。


至誠が日々、眺めていた山。
おじいさんと松茸を取ったのもここ。


もっと早くここに来て、至誠と一緒に歩けば良かったと思いつつ、でも、今、来ることができて良かった。
この穏やかで美しい自然が、至誠という人をつくったのかもしれません。


たくさんの方がたくさんのコメントやメールを寄せてくださいました。私の知らない方も多くいます。皆さんが至誠の優しさを、佇まいや話し方やマジックの中に感じていてくださったのだと、わかりました。誰に対しても温かく接する至誠でした。舞台でも普段の暮らしでも変わらない至誠でした。


食べていますか?眠れていますか?と聞いてくださる皆さん。本当にありがとうございます。食べていますし、眠れてもいます。昨日は12時間くらい眠りました。仕事も普通にしています。


私の中にスイッチがあって、そのスイッチが日常の暮らしや仕事を保ってくれているようです。けれど、そのスイッチが切れると、、、。


至誠と一緒にいると感じられるから、寂しくはありません。ただ、無性に悲しい。


特に、駅のような人の多い場所にいると辛いと感じます。たくさんの人がいても、そこに至誠はいないのです。


訃報のニュース、葬儀、テレビの追悼番組、、、そのたびに至誠がいないということが事実として固められていく気がします。


岐阜から戻り、これで一段落ついたのだなと思うと、ひどく疲れを覚えました。


今はただ、自然の近くにいたいと思います。

至誠の故郷は沁みるほど美しかった。

iPhoneから送信

関連記事

辛い時こそ、暮らしを丁寧に

至誠がICUに入って3日目。知らせがないのは良い知らせ、とはいえ、心休まらない時間が続いています。夜は何度も目が覚め、朝方になってやっと眠る感じです。今朝、担当…

  • 1523 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 2602 view

人はすべてを忘れてしまうーー五年日記

2019年の元旦から五年日記をつけています。つけ忘れてしまう日もあるのですが、それでも9割方のページは埋まっています。去年の今日のこと、一昨年の今日のことを毎日…

  • 1187 view

無菌病棟から一般病棟へ

2月24日、今日、家人は無菌病棟から一般病棟に移りました。12月半ばから二ヶ月余り。その間、12月25日に臍帯血移植。1月のお正月を過ぎたあたりからどん…

  • 1087 view

切なくて大切な時間ーー病院の待合室で

朝、4時15分。枕の下に入れた携帯が鳴りました。病院からでした。「少し脈拍が弱くなったのでお知らせします。もう一段、脈拍が下がったら、ご連絡しますので病院にいらしてくだ…

  • 8518 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。