無菌病棟から一般病棟へ

  1. Family

2月24日、今日、家人は無菌病棟から一般病棟に移りました。

12月半ばから二ヶ月余り。その間、12月25日に臍帯血移植。

1月のお正月を過ぎたあたりからどんどんGVHD(移植片対宿主病(GVHD)は、同種移植後に特有の合併症で、ドナー由来のリンパ球が患者さんの正常臓器を異物とみなして攻撃することによって起こります。 重症化すると治療が難しく時に命に関わることもある)の症状が出て、体調が悪化していきました。

1月は本当に辛かった。食事もほとんど取れなくなり、肌もボロボロ。さまざまなところに症状が出ました。あまりの急激な変化に、私の気持ちがついていかないことも。それでも家人はいつも前向きで落ち着いており、決して弱音を吐きませんでした。


少しずつ少しずつ症状が改善し、食事もお粥から始まって、最初はほんの1口2口だったのが、三食それぞれ何分の1かは食べられるようになりました。


入院した時から、桜が咲く頃を目標にがんばりましょう、と担当医から言われていましたが、1月の間はとてもそう思えませんでした。


今日、無菌病棟から一般病棟に移り、担当医の3月半ば過ぎ退院の予定でいきましょう、という言葉も実感を持って聞くことができるようになりました。


今年の東京の桜の開花予定は3月17日だそうです。今年ほど桜の開花が待たれることはなく、それでいて一方で、「予定より早く咲かないで」と思ってしまいます。


昨日の天皇誕生日の祝日、私は家のベランダでチェアリングをしました。
「チェアリング」は椅子を持ち出して、外で過ごすこと。いちばんシンプルなアウトドアリビングの方法です。


部屋の中のグリーンを日向ぼっこさせながら、自分も一緒に外でお茶。


暖かな陽射しを浴びて、あー春が来たんだ、と思いました。


関連記事

人はなぜ、生き急ぐのだろう

38年間、第一線で仕事をしてきました。5年前までは、編集者として。そしてこの5年間はもっと広い意味で、豊かに美しく暮らすことの意味を伝える立場として。力任せに駆…

  • 2131 view

人生の優先順位

夜のうちに雪が降ったらしく、木々は朝になると、うっすらと雪化粧していました。新雪はふかふかとして柔らかそうですが、厳寒期に比べると重く、もっちりとした感じです。昼間の…

  • 1215 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 2958 view

時を見える化するーー「はがき時計」

12月25日のクリスマス移植の数日前。3月31日まで逆算して100日目。私は手持ちの中から100枚のポストカードを選び出しました。それを10枚ずつ束にし、カード…

  • 803 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。