無菌病棟から一般病棟へ

  1. Family

2月24日、今日、家人は無菌病棟から一般病棟に移りました。

12月半ばから二ヶ月余り。その間、12月25日に臍帯血移植。

1月のお正月を過ぎたあたりからどんどんGVHD(移植片対宿主病(GVHD)は、同種移植後に特有の合併症で、ドナー由来のリンパ球が患者さんの正常臓器を異物とみなして攻撃することによって起こります。 重症化すると治療が難しく時に命に関わることもある)の症状が出て、体調が悪化していきました。

1月は本当に辛かった。食事もほとんど取れなくなり、肌もボロボロ。さまざまなところに症状が出ました。あまりの急激な変化に、私の気持ちがついていかないことも。それでも家人はいつも前向きで落ち着いており、決して弱音を吐きませんでした。


少しずつ少しずつ症状が改善し、食事もお粥から始まって、最初はほんの1口2口だったのが、三食それぞれ何分の1かは食べられるようになりました。


入院した時から、桜が咲く頃を目標にがんばりましょう、と担当医から言われていましたが、1月の間はとてもそう思えませんでした。


今日、無菌病棟から一般病棟に移り、担当医の3月半ば過ぎ退院の予定でいきましょう、という言葉も実感を持って聞くことができるようになりました。


今年の東京の桜の開花予定は3月17日だそうです。今年ほど桜の開花が待たれることはなく、それでいて一方で、「予定より早く咲かないで」と思ってしまいます。


昨日の天皇誕生日の祝日、私は家のベランダでチェアリングをしました。
「チェアリング」は椅子を持ち出して、外で過ごすこと。いちばんシンプルなアウトドアリビングの方法です。


部屋の中のグリーンを日向ぼっこさせながら、自分も一緒に外でお茶。


暖かな陽射しを浴びて、あー春が来たんだ、と思いました。


関連記事

「幸せって他愛ないことだね」

ここ1週間ほどは、FacebookやInstagramの投稿もしていませんでした。家人の帯状疱疹が思いのほかひどく、連日痛みが続きました。眠っている時以外はずっ…

  • 1270 view

幸せな2日間ーー再び、退院

6月4日、家人は念願の退院を果たしました。しかし、度重なる入退院に、二人とも手放しでは喜べず、まだ、半信半疑というのが本当のところです。特に今回は、脳梗…

  • 1553 view

人は記憶と共に生きていく

9月30日、至誠は気管切開のオペを受けました。気管挿管し人工呼吸器をつけてICUに入って2週間以上経っています。まだ完全には自力呼吸ができない中、本人への負担を減らし、…

  • 1629 view

この2日間

10月4日(月)、至誠はICUから一般病棟に移りました。ICUに入って3週間。気管切開を経て、容体の急変の可能性は少なくなった、という判断での移動ですが、人工呼吸器もそ…

  • 1793 view

医師の言葉で知る、感染の危険

家人が臍帯血移植を受けてから、まもなく1ヶ月になろうとしています。大晦日から熱を出し始め、一時は40度に近い発熱が連日続きました。お正月明けからはさまざ…

  • 1219 view

今日を淡々と誠実に生きたか?

朝、目が覚めた時、夢を覚えていることはありますか。私はほとんどないのですが、今朝は珍しく夢の最中に目が覚めました。至誠がエア鳩出しをしているのを見て(何も道具を…

  • 1706 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。