クリスマス、移植の日に

  1. Family


花はやはり朝の光の中で見るのがいちばん美しい。昨日、届いたクリスマスの花束が、そっと私に微笑みかけます。


今日、クリスマスの日は、家人の臍帯血移植の日。


家人の闘病をFacebookやブログで書くようになって、本当に多くの方から応援の言葉をいただきました。ひとつひとつがとても有り難く、うれしかった。「祈っています」という言葉をこれほどたくさん聞いたことはありません。


こんな時、人はただ祈ることしかできない。けれど、祈ることがどれほど強いことか。私は取り立てて宗教心がある方ではありませんが、それでも祈ることはとても心の支えになっています。


昨日のクリスマスイブ、ひとり静かに過ごしました。
キャンドルをたくさんつけ、花に囲まれ、マリアカラスのアリアを流しました。音楽が空間を満たし、目が花と灯りを愛でました。


そんなささやかなことで、心が静まり、穏やかに夜を過ごすことができました。


FaceTimeで話をした家人も、いつもと変わらず笑顔を見せてくれます。


時は粛々と過ぎていく。たゆまず、おごらず、謙虚な気持ちで精一杯向き合うこと。それ以上、私たちにできることはありません。


朝、輝くような光の中で花たちが私に語りかけます。


大丈夫だよ。You got this.


家人の臍帯血移植は、今日、12月25日の14時。


私はいつもと変わらず日常のことを片付けながら、その時を過ごすつもりです。


祈りとともに。

クリスマスイブ、FaceTimeで。

iPhoneから送信

関連記事

「一歩、前進の日」ーー三度目の入院

今日、10月5日、家人は今までとは別の病院に入院しました。朝10時。病院まで送って行き、病棟の入り口で、お見送りの方はここまでです、と看護師さんに言われ、トラン…

  • 931 view

誕生日と再入院

4月5日の私の誕生日に、多くの方からお祝いメッセージを頂戴し、本当にありがとうございました。ひとつひとつのメッセージを拝見し思うのは、こんなにもたくさんの方と繋…

  • 1087 view

時を見える化するーー「はがき時計」

12月25日のクリスマス移植の数日前。3月31日まで逆算して100日目。私は手持ちの中から100枚のポストカードを選び出しました。それを10枚ずつ束にし、カード…

  • 470 view

38回目の結婚記念日の贈り物

「家族の入院」というタイトルで初めて家人の急性白血病のことを書いたのは、去年の3月12日のことでした。家族の入院→http://yuka-shimoda.jp/…

  • 800 view

時を刻む「針仕事」ーー病室のポシェット

病室で必要なものは、実際に入院してみて初めてわかるものです。今回は2回めということで、万全を期したつもりだったのですが、やっぱり忘れ物をしました。それはポシェット。…

  • 764 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。