クリスマス、移植の日に

  1. Family


花はやはり朝の光の中で見るのがいちばん美しい。昨日、届いたクリスマスの花束が、そっと私に微笑みかけます。


今日、クリスマスの日は、家人の臍帯血移植の日。


家人の闘病をFacebookやブログで書くようになって、本当に多くの方から応援の言葉をいただきました。ひとつひとつがとても有り難く、うれしかった。「祈っています」という言葉をこれほどたくさん聞いたことはありません。


こんな時、人はただ祈ることしかできない。けれど、祈ることがどれほど強いことか。私は取り立てて宗教心がある方ではありませんが、それでも祈ることはとても心の支えになっています。


昨日のクリスマスイブ、ひとり静かに過ごしました。
キャンドルをたくさんつけ、花に囲まれ、マリアカラスのアリアを流しました。音楽が空間を満たし、目が花と灯りを愛でました。


そんなささやかなことで、心が静まり、穏やかに夜を過ごすことができました。


FaceTimeで話をした家人も、いつもと変わらず笑顔を見せてくれます。


時は粛々と過ぎていく。たゆまず、おごらず、謙虚な気持ちで精一杯向き合うこと。それ以上、私たちにできることはありません。


朝、輝くような光の中で花たちが私に語りかけます。


大丈夫だよ。You got this.


家人の臍帯血移植は、今日、12月25日の14時。


私はいつもと変わらず日常のことを片付けながら、その時を過ごすつもりです。


祈りとともに。

クリスマスイブ、FaceTimeで。

iPhoneから送信

関連記事

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 1400 view

父が教えてくれた「命の尊厳」

延命治療はしたくない、というのは、母が存命だった時から、家族で共有していたことでした。102歳で亡くなった母方の祖母は胃ろうでした。ほとんど意識がなく、意思の疎…

  • 1150 view

介護と仕事のはざまで

命の灯火が消えようとしています。少しずつ少しずつ。深夜、0時過ぎに札幌からタクシーで、定山渓の病院に着きました。一週間ぶりに会った父は、一回り小さくなってい…

  • 1143 view

父がくれた夏休み

父が急に食事を取らなくなったーーと病院から連絡があり、札幌の郊外、定山渓病院へ。8月の初めに、療養型の病院に転院したばかり。着いたのが深夜だったので、そ…

  • 866 view

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 2120 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。