「美しい未来」しか信じないーー満月の夜に

  1. Family

至誠が人工呼吸器をつけてICUに入ってから10日が経ちました。


中秋の名月、満月。今日の月はいつにも増して輝いていました。


何度か雲に隠れそうになりながら、その度に顔を出し、夜半過ぎにはその雲さえもほとんどなくなっていました。


見えないほど、薄くかかった雲に月の光が反射して、虹色の美しいサークルができています。この先、こんなふうに月を眺めることはあるのだろうかと、ふと思いました。


とても長い時間、月に祈っていました。


Facebookにあげたら、たくさんの方たちが一緒に月に祈ってくれました。この思いが届かないはずがない、、、。


一昨日、iPad越しに至誠に会いました。コロナ対応のため直接の面会はできません。けれど病院に行くと、待合室からiPadのFaceTimeで様子を見せてくれます。呼びかけると、瞬きでyesと何度も答えてくれました。


気管挿管し、鼻からも管を入れ、身動きもできず、声も出ない。それなのに一生懸命固く目をつぶって私に意思を伝えてくれる至誠。


私のために生きて。


人生はなんと試練に満ちていることでしょうか。それでも人は生きていかなければならない。


先のことを思うと、不安と恐ればかりが湧いてきて涙が止まりません。


そんな私に友人がかけてくれたのは、「先を考えるのなら、美しい先を想像しましょう」という言葉でした。


「美しい未来」。


その言葉に救われた気がしました。


夜が更けて月は高く高く上り、煌々と空にあります。この夜を、私は決して忘れないでしょう。

友人夫妻から届いた花。
いつも優しく見守っていてくれるふたり。

関連記事

「確信」の力

宮本輝の「命の器」という本を読み返していて、救われる文章に出会いました。「優駿」という小説を連載していた宮本輝は、何人かの調教師や騎手に取材をします。その中で、…

  • 1383 view

12月1日ーー至誠と私の人生が始まった日

今朝起きたら、世界は真っ白に変わっていました。1年ぶりに染まった景色。昨夜から雪がしんしんと降り続き、一晩で20センチほど積もり、今年初めて雪はねをしました。…

  • 1344 view

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 5406 view

延命治療はしない

2019年8月28日、父は痰が絡んでひどく咳き込み、苦しんでいました。間質性肺炎が悪化し、肺に痰がたまっていきます。看護師さんが「痰を取っていいですか?…

  • 2825 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kozybox/yuka-shimoda.jp/public_html/wp/wp-content/themes/one_tcd061/comments.php on line 148