面倒なことを乗り切る秘訣

  1. Interior

今まで、自分で確定申告をしたことがありません。家人がフリーランスなので、税理士さんにお願いしていて、私のわずかばかりの確定申告も一緒にやっていただいていました。物理的なことは家人まかせ。私は源泉徴収票を渡すくらいでした。


しかし家人が入院しているので、今年は私が税理士さんとやりとりをしなくてはなりません。まずは紙袋にどさっと入っていた家人のレシートや郵便物を仕分けすることから始めました。


レシートは不思議なものです。いつどこで何を食べたか、何を買ったか、どこへ行ったか。レシートを見ていると全てが思い出されてくるのです。


家人と散歩がてら行ったカフェやレストラン。2人で楽しんで買ったインテリアの小物。東川での楽しかった夏休みや、そこでの毎日のごはん。


それを思い出すことは、今は楽しさよりも切なさが先にきます。その時は特別なことだとは思わなかったこと。今となっては本当に貴重な、輝くような時間であったことに気がつくから。


モダンリビングに関わって18年になります。こうした仕事をしているせいか、私に関して、時としてずいぶんと違った印象を持たれている方もいるようです。


家はイタリアンモダン? 整理整頓は常に行き届いている?

インテリアは古い家具も混じえた完全なミックススタイルですし、整理整頓は苦手な方。

友人に天才的に整理整頓の上手い人がいて、彼女はそもそも片付けが大好き。片付けられていないところを見るとワクワクするのだそうです。今までは何度も、彼女に家の片付けを手伝ってもらいましたが、コロナになって、助っ人を頼むこともできません。ここは1人で頑張るしかない。


けれど、四苦八苦しながら片付けや書類の整理をしていて気がついたのです。
こうやって目に見える形で、美しく整っていくということが、不安や無力感を打ち消すとても良い薬になるのだと。


スッキリと分けられた書類、整理されたファイル。何より、もやもやしていた心のオリがなくなった気持ちよさ。
ともすると気分が落ち込んでしまうことも少なくない日々の中で、身辺を美しくすることは救いにもなりました。


この時期、確定申告に振り回されている方は多いと思います。どうせやらなければならないのなら、ポジティブにやりましょう。楽しんでしまいましょう。そして美しく片付けましょう。

私はまず、ファイルを揃えることから始めました。MUJIのダークグレー、箱型で統一。ネットで多めにオーダー。https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4549738708643

透明ファイルをたくさん用意し、付箋も。

そしてそれを一箇所に集めて移動できるよう、ワゴンにのせて。

仕分けし終わったら、ラベルもきれいに貼る。

形から入ることは、気分を上げてくれます。面倒くさいこと、嫌なことをやるコツは、それを楽しみに変えてしまうこと!


長く仕事をしてきて、私が学んだ秘訣です。


このファイルの良さは、縦でも横でも使えること。

関連記事

【東川プロジェクト】家具を選ぶ 

東川プロジェクト(二拠点生活のための、北海道東川町での家づくりのこと)の更新が滞っていましたが、8/4に着工しました。土地を購入したのが昨年の7月。ちょ…

  • 895 view

心が辛い時の3つの処方箋

心が辛くはありませんか。わけもなく寂しい時もあるし、はっきりとした理由があって落ち込むこともあります。家人が急性白血病で入院して、1年3ヶ月が経ちました…

  • 890 view

暮らしの術【2】花を最後まで楽しむ

テレワークや外出の自粛などで家にいることが多くなり、花をきらさずに飾るようになりました、という声を聞きました。どこか重苦しい空気の中で、ちょっとうれしい…

  • 638 view

「病室のギャラリー」65枚のポストカード

家人に1日1枚、ポストカードを送り始めたのは、8月に再入院してからでした。急性白血病で、去年の10月から10ヶ月入院して、やっと退院したと思ったら、1ヶ月で再発…

  • 651 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。