決意ーー入院10日目

  1. Family

家人が、急性白血病で入院してから一年が経ちました。


昨年の10月11日。血液検査をして緊急ではないからと帰宅した翌日、急に病院からの電話で呼ばれ、そのまま入院になりました。


それから10ヵ月。パンデミックになり、2月以降は面会も禁止に。一時退院もできないまま、1月からの半年は1度も帰宅することはありませんでした。そしてやっと7月に退院。


東川での2週間の夏休みの後、検査で再発が分かり、8月からまた1ヵ月の入院。


そして10月5日別の病院に3度目の入院をしました。


昨日、約1週間の検査を終え、担当医師から現在の状況と、急性白血病について、今後の治療方針やさまざまななリスクについての詳しい説明がありました。


60代後半の年齢とは言え、既往症がないこと。現在、寛解状態にあること。体力的に問題がないこと…などから医師からは完治を目指しての、造血幹細胞移植を勧められました。


克明なリスクを知れば知るほど、前に進むことに躊躇が生まれます。また、長かった10ヵ月の入院生活を経て、これからまた少なくとも半年の入院が続くことを思うと、暗い気持ちにならざるえません。


それでも家人と私は、迷うことなく前に進むことを決意しました。


順調にいけば、さまざまな前処置を経て、12月初めに臍帯血移植を受けることになる予定です。
骨髄移植の場合は3ヶ月から5ヶ月かかると言われています。それに対し、臍帯血移植の場合は平均3週間ほど。一刻も早く移植することが望ましいとの事でした。


移植後、大きな副作用がなくとも最低3ヶ月の入院が必要とのこと。医師からは、桜を見ることを目標にしましょうという言葉がありました。


その後、家人と話し合いました。
私たちは、来春の桜よりも、今日一緒にご飯を食べたり、話をしたりすることを大切にしようと。


細やかなことが、人生を支えてくれるのです。


今が積み重なって明日になり、明日が続いて明後日になる。


先のことを思い煩っても仕方がない。過去のことを憂いても仕方がない。


2人で、謙虚に、堂々と、前を向いて進みたいと思います。

医師の説明を聞いて帰った日。
友人が贈ってくれたブラウンのバラが私を励ましてくれた。


入院前のある日、
代々木上原のファイアーキングカフェで。

関連記事

父が教えてくれた「命の尊厳」

延命治療はしたくない、というのは、母が存命だった時から、家族で共有していたことでした。102歳で亡くなった母方の祖母は胃ろうでした。ほとんど意識がなく、意思の疎…

  • 1073 view

看取りによって、家族は再び家族になる

9月1日、父の野辺の送りをすませました。8月30日の夕方、父は苦しむことなく、静かに逝きました。延命治療をせず、最後は点滴も外し、酸素吸入だけでした。弟と私がふ…

  • 2039 view

介護の時こそ「小さな喜び」を見つける

死に向かって弱っていく親を見つめているのはつらい。精神的に落ち込まずにはいられません。でもだからこそ、自分が少しでも普通でいられるように、優しい気持ちで…

  • 1280 view

「いつも何度でも」ーー父を想う

去年の今日、9月1日は、父の野辺送りの日でした。多くの方にとって、親の死は初めての経験だと思います。私もそうでした。母の時は父がいた。でも父の時は、私が…

  • 432 view

家族の入院

朝はいつもこんなに眩しかっただろうか、と思う。朝起きて、リビングに出ると、部屋中がキラキラ輝いている。漆喰の壁に光が踊っている。ひとり暮らしも4ヶ月を過…

  • 2015 view

「病室のギャラリー」65枚のポストカード

家人に1日1枚、ポストカードを送り始めたのは、8月に再入院してからでした。急性白血病で、去年の10月から10ヶ月入院して、やっと退院したと思ったら、1ヶ月で再発…

  • 367 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。